Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

They are not magicians. ディスコースマーカーの魔法が解けるのはいつか

 先ほどまで,こんど出す本のゲラをチェックしていました.ものすごく英語が苦手な人のためのライティングの本です.英語がまあまあできるという人にはもっといい本がたくさんあります.『即戦力がつく英文ライティング』とか.TOEFLを目指しているなら『新版TOEFL TEST対策iBTライティング』がいい本です.

今回の本はそのレヴェルの読者はいっさいターゲットにしていません.センテンスは問題なく書けるけれども,「つながり(cohesion)」「まとまり(coherence)」が,と考えている人はがっかりさせると思うので,買っていただくのはうれしいですがその面はあまり期待しないでください(というかそこに関心がある人は最近は書店にあまり置いてなくなった『 論理を学び表現力を養う 英語スピーキングルールブック  』をご笑覧いただいたほうが良いと思います).「この2つのセンテンスのつながりは少しゆるいかも.でも,学習者が実現可能な例としてはこのくらいがギリギリだし…」という例も多々あります.正直,個人的には初級者はリスニングやスピーキングに時間を割いた方がいいと思っているのですが,いろいろ共著者の意思や昨今の風潮(かつてよりやや下のレヴェルの資格対策用の英作文問題集などが売れているようです)などもあり,そういう従来よりもぐっとに向けたライティング本を世に出すことになりました.

ネイティブなら小学生でも知っている会話の基本ルール

ネイティブなら小学生でも知っている会話の基本ルール

 

 繰り返しますが,上(↑)よりもっとずっとやさしい,いかにしょぼい小道具を使い,しょぼい英語をつなげていってなんとか意味を通じさせるか,という本です.しかし,今回のゲラをチェックしながらひとつ気づいたことがあります.ライティングに限らず,英語で表現することに関して,多くの学習者はなにか正解を求めているんですよね.で,それに答える形で,ひとつの案を知識を伝達する側が出してあげるとそれを喜んで使います.で,そこまではいいのですが,それがへんな形で形骸化したり,その解決策の使用が本来なかった意図を帯び始めるということです.

ひとつはディスコースマーカーの使用です.ぼくは正直あまり重視していません.ライティングだけじゃなくてリーディングの指導でもこういうのに過剰に頼るのはなんか違うのではと考えています.ところで,ディスコースマーカーというのはなんだか大学受験の長文読解を教える先生が生み出した言葉のように思う人もいるかもしれませんが,Deborah Schiffrinというアメリカ人の学者がまとめたときは,会話で使われるものが多かったと思うのですが,いつのまにかこれはpragmatic markersなどと呼ばれるようになってきました.まあ,それは置きましょう.大事なのは,これは名が示すごとくmarkerであり,「ここにこういう内容のことが来ますよ」と聴き手・読み手に知らせるのが役割です.

Discourse Markers (Studies in Interactional Sociolinguistics)

Discourse Markers (Studies in Interactional Sociolinguistics)

 

でも,多くの学習者はこのディスコースマーカーを使うとそのあとに続く内容が変わると思っているようなんですよね.はっきり書いて置きますが,それはありません.ディスコースマーカーは前後の英文の意味を変えたりはしません.というか,ディスコースマーカーはなくても他の部分が正しい流れで書けていれば少し読みにくいというだけのことで意味が通じるわけです.

 で,このことは基礎中の基礎のように勝手に指導者側(知識を伝達する側)は思っているのですが,いや,かならずしも初級者にとってはそうではないし,なにか彼らを誤解させているのはもしかするとこちら側にあるのではないか,ということです.で,今度の本がそういう誤解を与えなければ,というのを切に望んでいます.

Why am I promoting this? 今語彙を推す理由

 とうとうRまで来ました.あっという間にA1単語は終わってしまいます.初級者の人はいまのうちにカヴァーして追いついてください.大事なのは例文の意味が取れることです.できることなら覚えてください.

そして中級の人はイントロとしてあげているアカウント管理者のメッセージをよく読んでください.わざと見出し語を使っていますが,見出し語と定義や用法が異なっているものもあります.こういうのを貪欲に覚えていくと,こちらが選んだ550語はかなりの威力を発揮します.TOEICの初級者に本当に必要なものを選んだつもりですから.指導者の人はネイティヴの先生はこうやって学んで欲しい語を学習者に関連づけようとするのか,と感心してください.

1つ付け加えるとすれば,この見出し語を選ぶ作業で日本人ならカタカナ語などで良く出会うのは思いっきり省いている代わりに,良くある頻出単語集で世界基準では基礎中の基礎なのに掲載されていないものは敢えて入れています.1例ではaboveです.こういう語は不思議なことに日本人は得意でないのに文法の勉強に任せようとします.でも前置詞や副詞(adverbial particles)などは,日本の学習者の多くは文構造しか見ないことが多く,文法の学習でも見捨てられがちです.だから入れてあります.

 このデータを単語集にしようと出版社に声をかけています.今は最大手にコンタクトしていますが,無理ならほかのところにも当たります.これになんで一生懸命になっているのかというと,英語指導者と学習者に対してエラリー・クイーンばりに挑戦したいからです.指導者は真面目な先生ほど「そんな簡単に知識が身につくはずはないんだ.毎日コツコツ,そして行ったり戻ったり,無駄なことをしてようやく生きた知識を身につけられるんだ」と思っていますし,口にします.逆に,学習者はできる人を除いては「それ意味ありますか、意味ないならやらないです」と云います.それに対して「じゃあこれをやってみてください.無駄は全くありません.正しいやり方でやらないと成果は出ませんけどね」と云ってみたい,そんな気持ちからです.まあ年明けごろには出版社が見つかればと思います.

Have a happy Christmas!

Do they really need to write? 初級者にはライティングはいらない

twitter.com

いま共著で書いている初級者用のライティングの本の校正をしているのですが,初級者にライティングなんていらないのでは,スピーキングだけでいいのでは,とときどき思います.ライティングというのは本格的な意味でのアカデミックライティングです.学習者の英語の習得段階を考えるといろいろ難しい問題があると思うからです.

 

アカデミックライティングでは,「Iを使うな」というアドヴァイスがあります.客観的に書くべきところで,自己中な主観的なセンテンスを書いても説得力がないから,というのでしょう.でも,実際のところ,初級者はそれより前に,

X Noon eats spaghetti.

とか書いてしまうわけです.いや,本当に.だから,初級者のライティングはまず,「Iを使うな」はほうっておいて,Somebody does something.のセンテンスをなんとか生み出せることを優先させなくてはならなくなってきます.

難しいのは上記の問題は表面的な文法・語彙の説明を受けるというだけでは解決しないことにあります.英語を取り込み,必要なときに生み出すというインプットからアウトプットへの正しい流れをつくるのは意外と難しい話です(もちろん難なく越えられる学習者もいます).

For beginners, 初級者向きの教材とは

Melissa came to work ------- this morning.

(A) often
(B) much
(C) late
(D) just

The answer is here

 市場でこの本がどれだけ売れているのか知りませんが,台湾で翻訳版を出すという話が著者側に来ました.TOEICテストは日本と韓国が中心とは云え,著者として日本人以外の英語学習者のお役にたてるのであればもちろん嬉しいです.

はじめてのTOEIC® L&R テスト きほんのきほん

はじめてのTOEIC® L&R テスト きほんのきほん

 

全パートを扱ったもので,初級者が学習するのにピタリとあっているのは手前みそながらこの本しかないと思います.他の本は解説が丁寧になっていたりはしますが,英語をやさしくしていないからです.まあ,実際,TOEICを受験すればするほど本物そっくりに問題をつくりたくなるから,やさしくしたくないのはわかります.どうやさしくするかがすごく難しいのですが,個別のスキルでは最近この本がでました.練習問題ですごく短いものを入れているので,結局こういう方向性で各パート動くしかないと思います.

TOEIC(R) L&Rテスト 英文法 ゼロからスコアが稼げるドリル

TOEIC(R) L&Rテスト 英文法 ゼロからスコアが稼げるドリル

 

ただ,ぼくならば語尾で品詞を識別するというような知識は初級者用には入れません.学習者の語彙力がそこまで追いついていない,と考えているからです.ぼくはGSLなら最初の1000語ぐらいにあたる基本語を重視しています.Michael McDowellがやっているTwitterのアカウントを最近勧めているのはそういう意味もあります. 

 

 

Let's calm down. 焦ってもしょうがない

 最近はいろいろな意味で熱くなっている人をよく見ます.直接見ることもあれば,間接的に目にすることもあります.たとえば,リーダーに対する不満から,そのリーダーを引きずり降ろそうとする人がいます.あるいは,自分が関心があることがらを広めようとする人もそうです.でも,個人的には賛成する部分があっても自分は滅多にそういう人たちと共同戦線を張ることはありません.その人たちが自分が周りからどう見られているかの見えてなさが気になってしょうがないからです.誤解のないように書いておきますが,人を巻き込まない限り,周りを気にすることはまったくないわけです.べつにスナフキンビートルズを引くまでもなく自由に行動すればいいと思います.だけれども,人を巻き込んで運動をするときに自分が周りからどう見られているかを的確に判断することなしに,賛同者を増やすことはできません.そこがわかっていない人の運動にぼくが乗ることはありません.

 でも,書きたいことはそれではないんですね.現状が壊れることをひどく恐る現状維持派(抽象的には保守派ともよぶことができる)も現状を憂い変化を臨む改革派(もちろん,抽象的には革新派だが,かならずしも政治的な左派を意味するわけではない.innovationを望む人の多くは,規制撤廃派=経済的古典主義者=保守であることもあります.こういう人はリベラルということばをすごく嫌います)ももっと落ち着こうよ,と時々思います.

空は終日曇らず (集英社文庫)

空は終日曇らず (集英社文庫)

 

この上の小説の主人公になっては,決してよい結果は出ません.ぼく自身がこういう感じになっているときはうまくいったためしがありません.クリティカル・シンキングの基本である多くのオプションに目を配れるようにするには熱くならずにクールに現状を見つめることがいちばん大事だと思います. 

What looks easy is often difficult 続々・語彙学習の誤り

 この本はぼくにとって大事な本です.すっかり置いてある書店は減ってしまいましたが,Amazonでは割といい位置をキープしています.

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

 

 ただ,これはむずかしくてというのが大半の学習者だと思います.中身を詳しくは知りませんが,『(MP3音声無料DLつき) 英語ライティングの原理原則――テストに強くなる、レポート・論文で評価される』という本が出るということは出版社が同じなので,前から聞いていましたが,この本もそんな扱いになるかもしれません.

難しいのは,マクロスキルについての本を書くとミクロが足りないのにどうするんだ,という学習者(を相手にしている人)が出てくることです.でも,だからといってミクロだけを単独で追いかけもしょうがないし,それはそれでミクロをどうするかの問題でしょ,とも思ったりもしますが,なかなかそう考えてくれる人はいません.

即戦力がつく英文ライティング』の日向清人先生が『クイズでマスターするGSL基本英単語2000』をお書きになったり,そのフォローアップをしているのを真似するわけではないですが,ぼくも少し語彙をどうするかということに興味をもってきました.できれば,近いうちに語彙の本を出せればと思っています.まずは『はじめてのTOEIC® L&R テスト きほんのきほん』(この本も大事な本です.初級者はできればこれからはじめてください.『公式問題集』やその他の有名な人が書いた本はいい本ですが,初級者には向かないものがほとんどです)の語彙版のようなものを.いまは出版社を探しているところなのですが…

初級者の人はまず騙されたと思って,このアカウント(https://twitter.com/BasicTOEICVocab)をフォローしてみてください.

twitter.com

 

What looks easy is often difficult 続・語彙学習の誤り

Basic TOEIC Vocab (@BasicTOEICVocab) | Twitter

引き続き,知り合いが運営しているこの初級者用語彙アカウントを薦めておきます.

見てもらえばわかるように,いまのところほとんど機能語(function words)ばかりですよね.でも,こういうのってけっこう単語を知ってたり,それなりに読めたりする人でも穴になっている部分なのでここを抑えてほしいんですよね.

あと,例文の中に出てくるほかのやさしめ単語をしっかりマスターしてほしいところです.この部分もかなり練りに練ってあるはずです.TOEIC初級者として学ぶべきもので無駄なものはほとんど入っていません.意味が定着しやすくなるように,例文の内容はTOEICのセッティングより少しやわらかめになっているはずですが.