Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

SLA

Knowing the form 覚えているということ

英語ではフレーズの暗記は多くの英語の先生にあまり評判が良くありません.そんなことをするぐらいなら文法をという先生も少なくないようです.collocationだとそうでもないのに.不思議です. 云っておきたいのは,フレーズものでも実用性が高いものが収録…

Grammar that is preferred more or less 「よりまし」と英文法

下(↓)に*限定詞(determiner)の一種)であるaの用法に触れました.限定詞は大事な概念だと思いますが,時々公教育の外か内かを問わず英語教育に関わる人の文法に対する考えを見たり・聞いたりすると,なんだかなあ,と思わされることがあります. 「意味順…

Hard to let them know what it is and why it is there. 難しいのは何か

この本をたまたま書店で売っているのを見て,その前に出た『マンガでおさらい中学英語』がなかなか良かったので,これも買って見て目を通したのですが,書いてあることは参考になることもあるし,よく工夫して説明しているのはわかるのですが,個人的にはち…

Everything is connected. すべてはつながっている

ぼく自身はもう若者ではないので,世界を自分なりに解釈しきってしまおうという野望はありません(この態度のことをmodernと呼ぶのだとかpost-modernismとかを勉強している人はいうかもしれませんが,ぼくは無知なのでそんなことは知りません).ただ,英語…

Preface  続いて「まえがき」も公開することにします.

去年のものから少しだけ変えています. 【新形式問題対応/CD付】 TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST おまかせ730点! 作者: 石井洋佑 出版社/メーカー: アルク 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 正直に書きます.ぼくは最…

How have we gotten wrong? すれ違うのはなぜか

SLA

最近,こんなことを考えています.具体的にそれを踏まえて何をするかは自分の著作でするのでわざわざ書きません. ここ最近は,ずっと英語学習者の多くが,簡単なセンテンスでいいから,自分なりのアウトプットができ,コミュニケイションができるようになれ…

Watch out what exists right in front of you be動詞は本当に難しい

Writers at Work: The Paragraph Student's Bookという知る人ぞ知る名著があります.日本で教えているネイティヴの先生にも人気があるケンブリッジ出版からのテキストです.ぼくもこの本は好きです.しかし,書きたいのはそのことではありません.この本には…

To be recognized 上級者として目指すスコア 

この前の記事では,取りあえず英語ができない人はまず350を目指す,ということを書きました.では,上はどのぐらいを狙ったらいいのでしょうか. これは,少し前までぼくはETSがよく出してきた数字の860ぐらいかな,と思っていました.900はまあ,目指したけ…

Numbers you need どうせスコアを目指すなら

5月に新形式に移行してから,新形式需要でTOEIC関連の本の企画が動いています.ぼくも何冊か関わっています.新形式のテスト(そのうちTOEIC Listening & Readingとか呼ぶようになるようです)は4択の選択問題ということは変わりませんが,それでもよりコン…

The goddess of English is smiling at you! Krashenはやっぱり正しい,という話

SLA

英語学習についての本は何度も世に出ますし,英語のプロであれ,プロでない人であれ,英語学習を語りたがる人はでてきます.こう書いているぼくも,そういう企画があったら乗るかもしれません.そうしてでてきた情報には役にたつものもそうでないものも当然…

What happens? 意味順OSのアップデイトをするタイミング

(註・ここで書くことは,ぼく自身の「意味順」観や英文の構造の捉え方と学習ステップのイメージであり,必ずしも田地野先生の他の著書と同じことを書いてはいないことをご理解ください) 「意味順」ですっきりわかる高校基礎英語 (シグマベスト) 作者: 田地…

Generalization is the core of science. どこまで一般化すべきか

久しぶりに,語学的なことを少しだけ書きます.たぶんあまり役に立つことは書けませんが.ネット上で<What + 名詞>と<What kind of + 名詞>の違いが難しい,ようなことを書かれている人がいるのを見ました. これは,残念ながら絶版中(復刊準備中です!…

How you see the world--that can't be taught. 言語観は教えられない

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う 作者: 石井洋佑 出版社/メーカー: テイエス企画 発売日: 2015/09/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 『英語スピーキングルールブック』は「つながり(cohesion)」と「ま…

You're not gonna take a one-way route. 一方通行は怖い

クイズでマスターするGSL基本英単語2000 作者: 日向清人 出版社/メーカー: テイエス企画 発売日: 2016/03/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 英語学習において「まずは単語」とよく云います.個人的には,あまり単語という云い方は好きではな…

The role of textbooks 続・わかる体験を積み重ねるのが大事

「意味順」で学ぶ英会話 作者: 中川浩,石井洋佑,田地野彰 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター 発売日: 2015/11/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 前の記事で書き忘れたので追記しておきます. 本当はStephen KrashenのCompre…

Why is it so great? <意味順>はどこが優れているのか

<意味順>が<5文型>をはじめとする従来の学校英語よりも良い理由を少しずつ挙げていきます. ぼくが「意味順」を押すのはシンプルな理由で,目の前の英語をしくみを学ぶことで活きた英文に見え,間接的にアウトプットにつながっていく「当事者意識」「ユ…

materials more or less preferred さらに「よりまし」を考える<教材編>

TOEIC TEST きほんのきほん 作者: 石井洋佑,カールロズボルド 出版社/メーカー: 国際語学社 発売日: 2013/07/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今日,たまたま編集者の人から原稿に関してEmailで説明があって,それに応対しながら思ったので…

More or less preferred 「よりまし」とは何か

ぼくは英語学習を表現するとき「よりまし」という言葉をよく使います.このことばについて説明しておきます. まず,「よりまし」というのは「完璧」とは違う訳です.英語学習でなにかしらの完璧主義は失敗します.自分の英語で完璧を目指すのも難しいですが…

Don't you need a template?

云うまでもなく文法のルールを細切れに覚え,そのルールに適当に定義だけ覚えたような語彙や表現を当てはめるだけでは意味が通じません.より込み入った内 容を伝えるために複数のセンテンスを屈指しなければならない場合はこれだけでは決定的にダメだという…

つながりとまとまりの例 2

ライティング指導に拘(こだわ)りをもっておられ,日本有数の語学書・英語教材の収集家でいらっしゃる松井孝志先生が以下の少し古いブログ記事でTOEIC SWのライティングに関する記事のサンプル問題のサンプル答案(変な日本語ですね…)についてコメントして…

すべての英語教材はヤラセだが…

SLA

門外漢の主観的な意見ですが,入試英語・受験英語について.基本的に①各大学の入試問題が英語力を測る上 で適切か②入試対策として行なわれている高校などでの英語の指導が適切か③公教育における大学入試の位置づけ,という3つの問題はつながってはいるがとり…

「型」と「本質」について

ものごとを学ぶときに学ぶべきは「本質」なのですが,その「本質」を得るための道具として「型」の提示をオプションとしてすることがあります.ただ,本当は,「型」を強制するのはよくないのです.スポーツでフォームを矯正するのはたぶんよくないでしょう…

初級者に必要なこと

SLA

最近何度も書いているようにTOEICの超初級者向けの本を書こうとしています.そのうち紹介していきますが,出版社とすばらしいネイティヴ共著者が見つかったので,いい本にしなければという気持ちがいっそう湧いてきました. 今回の本で読者である初級者側に…

教材と学習者の淫靡な関係

SLA

前の記事にも書いた通り,ここのところずっと超初級者向けのTOEIC教材を作れないかな,と考えていたのですが,そもそも超初級者はなぜ超初級者なのか,超初級者とはいったいどういう人を指すのだろうか,ということを考えてみました. ある程度,数字を出し…

語彙力と文法力について考える(続々)

SLA

前回のエントリーで、まあ、ぼくが語彙をどのようにして増やしてきたか(あるいは増やしていないか)ということについて書きました。これはつづきです。 で、全体的には、ぼくは、普通の人が重視している、英英辞典の「定義」であろうと、英和辞典や単語集に…

語彙力と文法力について考える(続)

SLA

これは以前の記事に書いたことで繰り返し、重複(ちょうふく、じゅうふく)になる部分もでてきますが、今回はぼくが、普段単語をどのようにして増やしてきたか、ということについて書きます。 ぼく自身は、同業者に較べて極めて語彙力が低いです。普通の「英…

語彙力と文法力について考える

SLA

語彙力と文法力というのは、非常に不思議なものだなあ、とぼくはいつも思います。 それ自体は、英語力ではないでしょう。英語を「読む」「聴く」「話す」「書く」というのが英語を使うということです。そういう英語を使うということの際、「どれだけ知ってい…

小型和英辞典

SLA

現在,ぼくは英語に関しては基本的に単語の意味がわからないときは英英辞典を使う.英和はここ何年も使っていない.ただ,和英辞典は頻度はそれほどではないが,使う.知らない単語は調べるしかないのだから.最近は電子辞書が流行っているが,和英は使えな…

正解はひとつではないということ

SLA

ここのところ、仮定法についてのエントリーを何度も書きましたが、仮定法といえば、ドラえもんですよね。実際、インターネットで「仮定法」「ドラえもん」「のび太」などで引っ掛けてみるとこことかこことか。 実際、ぼくもずーっと昔、英語の先生が仮定法の…

「塗り絵」の塗り方──はじめは薄く、何度も重ね塗りをする

SLA

BIG WAVE高校総合英語 [単行本] / 岡 秀夫, 能登原 昭夫 (著); 東京書籍 (刊) 桐原書店の『Forest』と同じような本。CDがついているから、例文を音声に合わせて暗記してしまうにはいいかもしれない。 ============================================= 過去の…