Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

TESL

Both sides of the same coin 違和感はどこにあるのか

依然として引き続きスピーキング本の制作をしています.今度の本は自分にとってはFantasmaのようなものです.いや,何を云っているのかわからないと思いますが. DELTA Natural English Series A Handbook of Spoken Grammar, Text with Audio CD (Delta Lan…

English Profile Studies #6 本物の改革派はどこにいるのか

ちょっと嫌なことを書きますが,ぼくは日本はきちんとした民主政体(democracy)の国ではないと思っています.だから,政治的に重要な案件がフツーの人の知らないことで決められます.そのこと自体は,先進国と呼ばれるドイツやアメリカだってあるのでしょう.…

Could be a bit critical... Critical thinkingという高い壁

このどうでもいいニューズが流れたこといま知りました.以下引用します. 大学入試“新テスト” 20年度から実施へ 日本テレビ系(NNN) 5/16(火) 16:39配信 文部科学省は大学入試センター試験に代わる新テストの実施案を公表した。 センター試験に代わる「大…

Look at the bigger picture. 初級者を救うために必要なこと

春になると各出版社は一斉に新しい教材を出してきます.ぼくが関わった教材もいくつか出ます.加えて,NHKの英語番組なども新年度(new school year)が始まります.数年前から,NHKの英語番組にはCEFR Level的なものが記載されるようになりましたね.こういう…

Do you wanna be evaluated by somebody else? 続・テストとは何か

下の記事の続きです.さて,テストですが,基本的にテストというのはできる人にとっては楽しくできない人にとっては楽しくないものです.範囲の決まったQuizでさえも,できる人とできない人はそれなりに出てきます.Quizの場合,出している先生からすれば良…

Do you wanna be evaluated? テストとは何か

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK? (京都新聞) - Yahoo!ニュース このニューズが関心を集めているようです.案の定,現場に近い人は英語教員の適性をTOEICで測ることの是非を指摘することで英語教員を擁護します.また,当然のご…

What do you think is normal? どこかに普通なものはあるのか

企画を通すときに難しいのは,英語教材担当の編集者の皆さんは何かしら学校英語に関係した形で教材を作ろうとするようなのですが,ぼくは自分が描く教材の対象の英語力は考えますが,学校英語でどういうことが教えられているかはマチマチだと思うのであまり…

Grammar that is preferred more or less 「よりまし」と英文法

下(↓)に*限定詞(determiner)の一種)であるaの用法に触れました.限定詞は大事な概念だと思いますが,時々公教育の外か内かを問わず英語教育に関わる人の文法に対する考えを見たり・聞いたりすると,なんだかなあ,と思わされることがあります. 「意味順…

Hard to let them know what it is and why it is there. 難しいのは何か

この本をたまたま書店で売っているのを見て,その前に出た『マンガでおさらい中学英語』がなかなか良かったので,これも買って見て目を通したのですが,書いてあることは参考になることもあるし,よく工夫して説明しているのはわかるのですが,個人的にはち…

Everything is connected. すべてはつながっている

ぼく自身はもう若者ではないので,世界を自分なりに解釈しきってしまおうという野望はありません(この態度のことをmodernと呼ぶのだとかpost-modernismとかを勉強している人はいうかもしれませんが,ぼくは無知なのでそんなことは知りません).ただ,英語…

Anyways, it's pretty much the same thing! たったひとつの冴えたやりかた??

ネット時代になって,個人がしたければ自己表現ができるようになりましたが,実際にアイドルになれる人は決まっているようです.そもそもスナフキンじゃないけど,有名になるなんてつまらないことだと思います. Tractatus Logico-Philosophicus (Routledge …

What happens? 意味順OSのアップデイトをするタイミング

(註・ここで書くことは,ぼく自身の「意味順」観や英文の構造の捉え方と学習ステップのイメージであり,必ずしも田地野先生の他の著書と同じことを書いてはいないことをご理解ください) 「意味順」ですっきりわかる高校基礎英語 (シグマベスト) 作者: 田地…

Do not over-generalize overzeneralization. 問題がなぜか膨れ上がるとき

Teaching and Learning Pragmatics: Where Language and Culture Meet 作者: Noriko Ishihara,Andrew D. Cohen 出版社/メーカー: Routledge 発売日: 2010/05/20 メディア: ペーパーバック 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る ぼくが好きな…

Generalization is the core of science. どこまで一般化すべきか

久しぶりに,語学的なことを少しだけ書きます.たぶんあまり役に立つことは書けませんが.ネット上で<What + 名詞>と<What kind of + 名詞>の違いが難しい,ようなことを書かれている人がいるのを見ました. これは,残念ながら絶版中(復刊準備中です!…

How you see the world--that can't be taught. 言語観は教えられない

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う 作者: 石井洋佑 出版社/メーカー: テイエス企画 発売日: 2015/09/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 『英語スピーキングルールブック』は「つながり(cohesion)」と「ま…

You're not gonna take a one-way route. 一方通行は怖い

クイズでマスターするGSL基本英単語2000 作者: 日向清人 出版社/メーカー: テイエス企画 発売日: 2016/03/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 英語学習において「まずは単語」とよく云います.個人的には,あまり単語という云い方は好きではな…

Cohesion and coherence have yet to be adressed enough.  もっと「つながり」と「まとまり」を!

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う 作者: 石井洋佑 出版社/メーカー: テイエス企画 発売日: 2015/09/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 『「意味順」で学ぶ英会話』(JMAM)が『プレジデント』誌の特集で…

Back to the Basics? 「基礎」「基本」とは何か

英語学習で「基礎が大事」のように云う人は多いと思います.ぼくもおそらく何度か口にしたことがあります.しかし,「基礎」ってなんでしょうね.ぼくはこのことについて何度も何度も考えてきました.具体的な答え にはたどり着かなかったものの,ある種の方…

Discover how it is alive すべてはこれだけのために

2015年は教材執筆者としてはいい年だったと思います.たくさんの教材を出すことができたのですから. CD付 TOEIC(R)テストおまかせ730点! 作者: 石井洋佑 出版社/メーカー: アルク 発売日: 2015/09/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 9月にこ…

Why is it so great? <意味順>はどこが優れているのか

<意味順>が<5文型>をはじめとする従来の学校英語よりも良い理由を少しずつ挙げていきます. ぼくが「意味順」を押すのはシンプルな理由で,目の前の英語をしくみを学ぶことで活きた英文に見え,間接的にアウトプットにつながっていく「当事者意識」「ユ…

materials more or less preferred さらに「よりまし」を考える<教材編>

TOEIC TEST きほんのきほん 作者: 石井洋佑,カールロズボルド 出版社/メーカー: 国際語学社 発売日: 2013/07/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今日,たまたま編集者の人から原稿に関してEmailで説明があって,それに応対しながら思ったので…

More or less preferred 「よりまし」とは何か

ぼくは英語学習を表現するとき「よりまし」という言葉をよく使います.このことばについて説明しておきます. まず,「よりまし」というのは「完璧」とは違う訳です.英語学習でなにかしらの完璧主義は失敗します.自分の英語で完璧を目指すのも難しいですが…

What matters for materials writers and others. 教材から英語教育を見る

ぼくは自分は英語の先生や英語教育の政策実行者と考えていないのですが,教材を書く上でどのような英語を一般的な学習者が「学んだり」「生み出したり」すればいいのかはよく考えます. そこで,いろいろな面で疑問を感じさせられる点を挙げていきます. ま…

Start with Why

Start with Why: How Great Leaders Inspire Everyone to Take Action [ペーパーバック]Simon SinekPortfolio Trade2011-12-27大阪府学力検査問題のネットが公開され話題になっていました.まず,ぼくはライティングの解答例を見ました(http://www.pref.osak…

攻略法とスコア

最近はべつのことで忙しいので,実は昔より受験回数が少なくて本試験の英語をじっくり味わっていないのですが,問題作成者側がマスターしたかチェックしたい語彙だったり,表現・コミュニケイションの型その他はかなり原則通りのマトモなものだと思っていま…

Don't you need a template?

云うまでもなく文法のルールを細切れに覚え,そのルールに適当に定義だけ覚えたような語彙や表現を当てはめるだけでは意味が通じません.より込み入った内 容を伝えるために複数のセンテンスを屈指しなければならない場合はこれだけでは決定的にダメだという…

つながりとまとまりの例 2

ライティング指導に拘(こだわ)りをもっておられ,日本有数の語学書・英語教材の収集家でいらっしゃる松井孝志先生が以下の少し古いブログ記事でTOEIC SWのライティングに関する記事のサンプル問題のサンプル答案(変な日本語ですね…)についてコメントして…

つながりとまとまりの例

twitter上でこの記事がとても読みやすい記事として紹介されていました.だから読んでみたのですが,エッ,と思いました.ぼく自身は非常に読みにくいと感じたからです.表現自体はぼく自体も高い英語力を持ち合わせているわけではないので何かを云える義理で…

「型」と「本質」について

ものごとを学ぶときに学ぶべきは「本質」なのですが,その「本質」を得るための道具として「型」の提示をオプションとしてすることがあります.ただ,本当は,「型」を強制するのはよくないのです.スポーツでフォームを矯正するのはたぶんよくないでしょう…

Put them down!をもっと考える

で,何で中学生や高校生はおろか大学生さえもこのto put something downというのが使えないのかというと①出会ってないから②目にしたことがあってもきちんと身につくように指導を受けていないから,だと思います.こうなる と現場の先生だけが悪いようだがそ…

Put 'em down!

ある県立高校の英語の入試問題にかなりシュールなものがあり,なかなか傍(はた)から見ると面白いのですが,かなりテストとしては何を評価しているのが見えにくい問題ではないでしょうか.同じ問題を教室内でアクティヴィティーとして使い,グループごとに…

この世にすべてと呼べるものなどない

『名探偵コナン』の主人公は「真実はいつもひとつ」というけどこれは嘘です.ある事実から複数の真実が浮かび上がることは珍しいことではありません.このことは英語教育に対する議論についても云えることで,カタコトの英語で業務をしている人を指して,ほ…

個人の視点を全体に導入することの危険性 2

前回の記事のつづきです. 「TOEICは簡単すぎるからTOEFLを大学受験の代用にすべきだ」論の疑問点を前回は最後の部分で述べました.「難しい」というのが主観的,個人の視点であり,この視点を結構たくさんいる大学受験生全員に適用される議論に持ち込むのは…

個人の視点を全体に導入することの危険性

最近,いろいろ考えさせられることがあります.ぼく個人は,日本人の英語力がどうすれば向上するのかときどき考えることがあります.しかし,基本的には大きく絶望します. それは,現状の教育が酷(ひど)すぎてどうしょうもないからだ,とか,英語教育以前…

「基礎」「基本」とは何か

最近すっかり新しい記事は書いていないですが,自分が考えていたことを整理しながら,いましなければいけないことに取り組もうとしているのでこういう記事を次々リサイクルしていきます. よく英語学習で「基礎が大事」のように云う人は多いと思います.ぼく…

英語学習とは何か

〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書) [新書] / 田地野 彰 (著); 岩波書店 (刊) 昨日,上記の本を読みました.英作文となっていますが,文を作るという観点では初級者にお勧めの本です.基本的に英語を話すとき,書くときにまず意識しなければならな…

起きていることはすべてやらせだ

「起きていることはすべてやらせだ」は某女性経済評論家のベストセラー本のタイトルを捩(もじ)ったものですが,その本の内容とは直接関係ありません.いやあるかもしれないですが,ぼくはこの本をまだ読んだことがないので、判断のつきようがありません.…

違和感を感じる習得モデル

上の本(↑)が指定教材になっている,ある入門クラスを教えているのですが,難しすぎて苦労します.この本自体は悪い本ではありません.結構実際のテストに近いタイプの問題もかなり入っています. しかし,Testing Pointの文法項目に気づく以前の文法項目お…

英語ができるということはどういうことか

最近はぼく自身の実力不足に泣きそうになっています。英語がまだまだ下手くそなこともそうなのですが、ある程度自分の英語をどうやって高めているか、ということは見えているのに、そのことが伝えられなくて悩んでいます。 ちなみに、英語ができる、というの…

英語を学習するのが不利

ネットによると「英語不利? センター試験の平均点、外国語で8年連続最低」という議論があるようです: 国公立大学の2次試験が今月25日、スタートする。第一関門の大学入試センター試験の「外国語」では、選択5科目中で「英語」の平均点が8年連続最低…

New Year's Resolutions

「1年の計」を立てるのは日本にだけあるふざけた習慣だと思っていたら,New Year's Resolutionsというのが英語にもあると知ったのは何年前のことだったか忘れてしまいました. ぼくは個人的に,日本であろうと他の国であろうと特定のグループの中での伝統に…

There's no magic formula, but...

英語学習に置いて、急激にできるようになるようなすごい勉強方法はありません。たとえ、TOEIC のようなテストであっても200点の人が2-3日でいきなり800点になることはないです。そんなこと知っている、という人もいるでしょうが、知らない人は(あるいは知ら…

アウトプットとインプットについて考える

インプット、アウトプットはどちらも重要なのですが、その2つがどのような関係になっているかということを知っていると今後の学習に弾みがつくと思います。それについて書きたいと思います。 まず、ひとつ Second Language Acquisition (第2言語習得理論、…

話し言葉と書き言葉のバランス

-------- government requests to stay open, hundreds of schools shut their doors. (A) In spite (B) Despite (C) Though (D) But 上の問題とは直には関係ないですが、英語圏の書き言葉のルールとして、Butで英文を始めないというものがあります。しかし…

「当たり前」の恐ろしさ

よく英語学習で「基礎が大事」のように云う人は多いと思います。ぼくもおそらく何度か口にしたことがあります。しかし、「基礎」ってなんでしょうね。ぼくはこのことについて何度も何度も考えてきました。いままでもおそらく似たような記事を書いたのではな…

英語教育批判が失敗する理由 (3)人は「自明なこと」を考えない

人は「自明なこと」を考えない──これは当たり前のことですが、このことに気づくことは当たり前にはできないことです。そして、前の2つのこともそうですが、なにも英語教育とか英語教育批判に限ることでは実はありません。でも、だからと云って話を広げすぎる…

英語教育批判が失敗する理由 (2)人は「自分」を考えない

英語教育について何か書こう(云おう)とする人は、おそらく英語教育はこうあるべきだ、という考えを持っています。でないと書く(云う)理由がなくなります。 ただし、この人たちは大きなミスをしています。ひとつのミスについてはこの前書いたことと重複す…

英語教育批判が失敗する理由 (1)人は「時間」を考えない

英語学習についての本はたくさんあるし、最近はブログでも公開する人もいます(ぼくもそうです)。ただ、相変わらずうまくいかない人がたくさんいるのはどうしてだろう、ということを考えています。 昔からぼくは英語教育がなぜ失敗するのかという本を書きた…

「受験用構文集」の功罪

Rochette is Canada's first Olympic medallist in women's figure skating since Elizabeth Manley took silver in Calgary in 1988. 内容そのものは、まったく興味がないのだが、オリンピックの記事の英語が目に付きました。というより、ハッと思ったこと…

「すみませんが、お母さんの体重は?」

以前,レッスンで使用したリスニング教材の質問文としてExcuse me for asking, but how much does your mother weigh?というのがあって笑い出してしまいました。 こんな質問いつするんですかね。まあ、こんな文がいきなりまぎれていてもきちんと聞き取れるよ…