Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Cohesion and coherence 「つながり」と「まとまり」を求める人々

インターネットで検索をするとわかりますが,cohesion, coherenceという言葉は実際「地域のつながり」とか「ティームのまとまり」という文脈でも使われます.だから,これに「つながり」と「まとまり」とそれぞれ当てるのはいい訳語だと思います. で,『【…

Start with Why なぜ「意味順」と「つながり」「まとまり」なのか

すぐ出る2冊に加えて,今年はたくさん教材を出すことになると思いますが,それらの教材を作っていくにあたって自分の頭の中で軸になっているのは,やはり「意味順」,そして「つながり」と「まとまり」です. 英語スピーキングルールブック−論理を学び表現…

How the rule is made それをルールと呼ぶのか?

英文をネイティヴスピーカーに見てもらう際,自分のうっかりとしたミスを指摘してくれるのはありがたいのですが,それよりも個人的に好きなのは,ネイティヴスピーカーならではの感覚的なコメントを添えてくれるときです. ちょっと前に,finallyというtime …

Describe it. 依然として見送られる簡単なこと

英検やTOEFLのような試験対策で,意見と複数の理由を述べるpersuasive/argumentativeのようなライティング指導に対して,違うのではという人は現役の先生ではnarrativeを教えたがります.一緒に仕事をしている帰国子女の先生もそういっています.ぼくもその…

What they really need 本当に必要なことって?

Trio Writing, Level 1 作者: Alice Savage,Colin Ward 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd) 発売日: 2015/08 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る 最近はひたすらもらった企画を仕上げることになるべく専念しています.早く自由の身にな…

Watch out what exists right in front of you be動詞は本当に難しい

Writers at Work: The Paragraph Student's Bookという知る人ぞ知る名著があります.日本で教えているネイティヴの先生にも人気があるケンブリッジ出版からのテキストです.ぼくもこの本は好きです.しかし,書きたいのはそのことではありません.この本には…

The bar is always set too high. ライティング本はなぜ難しいのか

英語ビジネスドキュメント・ライティングの技術 作者: 高杉尚孝 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/05/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る そういえば,少し前にこの本にざっと目を通しました.不思議…

Use what they have in mind 悪のライティングテクニック

今回は少し危ない話をします.先日出版社に行って思ったことですが,ライティングの本というのはかなり書きたい人がたくさんいるようです.世の中のニーズとしてEメイルなどをのぞけば学校教育外での英語使用においてそれほどベタにエッセイライティングをす…

つながりとまとまりの例 2

ライティング指導に拘(こだわ)りをもっておられ,日本有数の語学書・英語教材の収集家でいらっしゃる松井孝志先生が以下の少し古いブログ記事でTOEIC SWのライティングに関する記事のサンプル問題のサンプル答案(変な日本語ですね…)についてコメントして…

基礎からはじめる ロジカルライティング その3

さて,前回では,まず自分の考えを簡潔に最初に述べるのだ,ということを学びました.次は少しずつ,それを補足していくわけです. しかし,その前に,とりあえず,全体の構成を教える役割をする文を1つはさんだほうが無難です.だから,2)でI have three r…

基礎からはじめる ロジカルライティング その2

そこで何をするかというとまずテンプレートを学びます.そして,そのテンプレートどおりでまとまった単位で話す/書く練習をします. ここで大事なのは,このテンプレートを決して暗記してはいけないことです.基本というのを身につけるということはこれに限…

基礎からはじめる ロジカルライティング その1

さて,この前,「クリティカル・シンキング」とか「ディベート」とか「論理」とかだけでなく「政治」も公教育として教えるべきだ的なことを書きました.しかしながら,そうは云ってられないので,ここでは論理的な書き方・話し方を英語でする上で基礎になる…

「好きな…がいる」が理由になる場合とならないとき

最近,ライティングを教えているのですが,よくある間違えというか,ぼくが気になる文に 「ミュージシャンになりたい理由」を書くのに,「尊敬しているアーティストの存在」とかかく類.これって理由じゃないですよね.というのは,理由だ,というのもいるら…

意外と多い間違い

ライティングで答案を読んでいると,Beaouse という単語がでてきて,なんだろうこれはと思ったのですが,これはどうやらbecauseの間違いのようでした. ところで中学校ではWhy is Lisa absent? -Because she is sick. のような対話で習うせいか,Lisa didn't…

『600点』フォロー(アウトプット編)

次の日本語を英文にしてみましょう(88ページの練習問題を題材にしています)。 あなたは製品管理が得意で、フランス語とドイツ語が話せるのだから、その職にぜひ応募したほうがいい。 「……応募した方がいい」という内容がメインの情報ですから、そこが英文…