Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

すぐひとり言にできない場合

speaking
英会話ヒトリゴト学習法

英会話ヒトリゴト学習法

  • 作者: 酒井 穣
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

酒井穣さんの『英会話ヒトリゴト学習法』を紹介しながら、英語のSpeaking能力を高めたければ、自分で頭の中でぶつぶつひとり言を云うことがいちばんの学習法だ、ということを下(↓)の記事で述べました。 さて、どのようにひとり言を云うのか、ということを少し考えてみます。もしあなたが、Listening, Reading skillsの上級者(Advanced)であれば、とにかく頭に浮かぶことを一定時間、英語で考えてみて、できることならそれを口に出すということを単に行なえばそれで構いません。下手でも基本的な語彙・構文しか使っていなくても全然構いません。ずーっと続けていればポンポン英文がでてくるようになります。並行してなるべくauthenticな英語をInputすると、「ああ、自分はこう云ったけど、このほうが英語らしいな」ということがだんだんわかってきます。 『英会話ヒトリゴト学習法』でも「読めるけど、話せない」と感じている旧来型の日本人学習者を前提に書いています(そういう記述が同書中にあります)。 しかしながら、最近、比較的若い世代の中に、「読み書き」「文法」こそむしろ自信がないという日本人英語学習者に出会うことが少なくなくなってきました。たぶん、中学校・高校での英語の授業のスタイルが変わったりしたことによる変化だと思います。 なんだかんだ云っても、ListeningがSpeakingの基礎で、ReadingがWritingの基礎です。InputないOutputはあり得ません。ただ、Inputをする際に、自分で声を出してみる、筆写してみるということをすると自分のInputをより正確になるということは云えますが、これは本格的なOutputとは違います。本格的なOutputをするのは、上級になるまでなかなか難しいとも云えます。 では、ある程度、「読み書き」「文法」を旧来型に行ないできるようになるまで話す練習はさけたほうがいいのでしょうか。そうは、思いません。ただ、初級・中級の学習者には、まったく白紙の状態から「英語を生み出す」ということはやや難しいので、なにかとっかかりになるものが必要かもしれない、ということです。 このとっかかりになるもののことを学習理論においては、scaffolding といいます。scaffolding というのは、本来、建設場面などで使う「はしご」のことです。
Scaffolding refers to elements of instruction that support the learner during the early stages of learning. (Content Area Literacy, Manzo et al.)
さて、このspeaking練習としての「ひとり言」作業をするにおいて、scaffolding になるものは何でしょうか。正直云って何でもいいと思うのですが、他に継続して行っている英語学習の一部を利用するのがいちばん効率的だと思います。 1) Listening 学習と並行する TOEICのPart 3, Part 4は初級・中級の人には大変難しいものだと思います。TOEICでなくてもある程度まとまった長さの英語を聴くというのは非常にきついことだと思います。 が、本当にあなたがListeningだけでなく、Speakingまで実力を伸ばしたければ、聴いたことを英語で要約するということをお勧めします。 しかし、本格的にsummarizingと呼ばれる構成がしっかりしているようなものができるのは、上級者だけでしょう。上級者でもなかなかできません。これは、日本語でもプレゼンをするのが大変だということから推測してもわかるでしょう。アメリカ人ビジネスマンだって、大事なプレゼンの前には必ず時間をかけて準備します。だから、そのような立派な英語を話すことを考える必要は最初はありません。TOEICの設問のような、
Who most likely is the speaker? What is inferred in the speech? What is the purpose of the announcement?
などの質問に1文か2文のsimpleな英語で答えられれば十分です。くだらない、俺(あたし)は日本語でならもっと高度なことが云える、のにどうしてこんなことをしなくちゃいけない、と思ったあなた、あなたは英語を一生話せるようにならないかもしれませんね。あなたが英語を話せないのは、そのプライドの高さです。逆に、へたな英語を話して自分の知性が否定されているのを恐れているのかもしれませんね。でも、ひとりでこの作業を行なえば誰も見ている人なんかいません。ぜひやってみてください。 2) 覚えた英文を使って dialogue を作る 初級・中級の英語学習者は圧倒的な英文の input の量が足りません。だから、やり方はいろいろあるでしょうが、これを増やす必要があります。人によっては文法や語彙の補強をしなければいけない人もいるでしょう。 しかし、基本的には和訳・説明といった日本語を覚えるのではなく英語を覚えるということを忘れないでください。頭の中に英語を残す練習をしてください。
よくわかる総合英語問題集 (MY BEST―日常学習から入試まで)

よくわかる総合英語問題集 (MY BEST―日常学習から入試まで)

  • 作者: 高橋 基治
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本

例を出しましょう。『よくわかる総合英語問題集』(学研)の文法説明にこういうのがあります。
未来完了形 I'll have finished the work by noon.(正午までに仕事は終わっているだろう)
さて、これを頭に入れるとき、頭に入れるべきなのは、 I'll have finished the work by noon.という英文であって、このほかの部分はその作業をする助け、おまけと考えてください。和訳は状況をイメージするための助けぐらいなもので、文法説明も、こういう形を見たことがないときに参考程度にするものです。何度か、目を離して暗唱します。 さて、ここまではinputです。outputはこの前後を考えてみます。
Missy: Paul, are you busy in the afternoon? I may need your help. Paul: Well,... I'm doing something important right now. But, I'll have finished the work by noon. So, I can give you a hand after lunch. Missy: Fine. Then, I'll come back later after 1 o'clock. Thanks. Paul: You bet. Talk to you later. Missy: Likewise.
完全に自然なやりとりが作れることはあまりないですが、こういうものをなるべく早く、できれば書かずに作って、何度かMissy, Paulになったつもりで頭の中で練習し、声にも出してみます。
Remove all ads