Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

ひとり言で手に入れる「2つの自分」

英語を話せるようになるには、話す練習をするしかありません。最初のうちは、ネイティヴの会話相手は要らないから、とにかく英文を自分で生み出す練習をひとりでやるのが一番です。
英会話ヒトリゴト学習法

英会話ヒトリゴト学習法

  • 作者: 酒井 穣
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

英語学習に関して云えば、このことを知るだけでかなり有益です。しかし、お読みいただければ解る通り、『英会話ヒトリゴト学習法』はただの英語学習以上のことが書いてあります。作者はただの「英語屋さん」ではなく「国際ビジネスでの英語使い」であるからです。英語ができる、ということが単に日本人以外とコミュニケーションできる、ということではなく、ビジネス上の問題解決の思考方法として役立つ、ということが述べられています。 英語を学習すると「英語で考える自分」が"alter egoアルターエゴ=もうひとつの自分、現代アメリカ英語での正確な発音は/ɑltər iygow/)"となる、という部分がそれです。そして、「実践編レヴェル3」として自分に起こった問題を英語で考え、日本語で考え、較べてみる方法が紹介されています。参考までに alter ego の英英辞典の定義も載せておきますね。
Your alter ego is the other side of your personality from the one that people normally see. - Collins Cobuild Advanced Dictionary of American English
ぼく自身、英語を話しているときと日本語を話しているときはだいぶ違うような気がしますし、英語を話せる日本人の友達には「英語をしゃべっているときの方が活き活きしてる」と云われたこともあります(苦笑)。だから、新しい言語で考えることができるようになると、もうひとつの人格を手に入れることになる、ということは頷けます。 しかし、ここから少し作者の意見とちょっと違うことを書きます。ぼくは、もしかすると、普通の日本人はひとつしか「自分」を持っていないけれど、欧米人は当たり前に「2つの自分」を持っているのではないかと疑っているからです。ぼく自身は「国際ビジネスでの英語使い」はおろか「英語屋さん」にもまだなれていないような未熟者ですが、自分自身がいま考えていることを書きます。 以前、アメリカ人は独り言で自分のことについて語るとき、I と you の両方を使う、というのを書きました。日本語は主語のない言語とは云われますが、おそらく、英語学習として、独り言を英語で云い始める練習をしたら、おそらく、自分を指す代名詞としては I (my, me, myself) を使うでしょう。あまり、自分を奮い立たせるときに、「OO(自分の名前),しっかりしろ!」などと云う人は日本人ではまれです。いないとは云いませんが。 これだけじゃ説得力がありませんか? もう少し、具体的な例をあげましょう。英語学習者で英語で日記をつけることが流行っているようです。そういう学習書が売っていたのでパラパラ立ち読みしてみたのですが、やはり例として使われている日記では自分を表すとき、すべて I を使っています。しかし、アメリカ人の日記はどうでしょうね。たまたま、寝る前に息抜きでヤングアダルトもののミステリーを読むことがありますが、その1冊の登場人物の日記を引用します(註・下線部はすべて引用者による)。
Gimme a Kiss (Lightning)

Gimme a Kiss (Lightning)

  • 作者: Christopher Pike
  • 出版社/メーカー: Hodder Children's Books
  • 発売日: 1990/01/18
  • メディア: ペーパーバック

August 8th (30 days of vacation left and counting) Dear Diary, It happened! I knew it would! Kirk asked me out on a date. I can hardly believe it. I'm so excited. I'm practically talking to myself. I've just got to tell you about it. I was getting ice cream at the Häagen-Dazs in the mall. I was standing there trying to figure out what I wanted when suddenly I had an urge for a banana split. Now, you know as well as I do (since we are the same person) that I have never had a banana split in my life. I don't even like bananas. The way things turned out, my urge to eat a split must have come from somewhere "out there." Coincidence can't explain it. You'll see what I mean.
まず、Dear Diary, というのは英語では日記の最初に書く決まり文句ですが、日本語の日記ではあまりやらないですよね。英語でつける人もしっくりこないんじゃないでしょうか。しかし、この日記の英文を読むと、完全に日記に語りかけているのが解ると思います。そして、文中で、we are the same person と書いているように、日記で話しかけられているのは誰かといえば、まさしく自分であるわけです。こうして、アメリカ人が考え事をする際に、自分を指す代名詞として you が使われることがあることがよくわかると思います。 実は、独り言をするときアメリカ人が I を使ったり you を使ったりすること自体については、友人のアメリカ人に訊いて確認したこともあり、そういう使用場面を何度も見ているのですが、なかなかその事実を解ってもらえるように説明するのは大変ですね。 以下、I, you と代名詞を使い分けられて表現される自分とはそれぞれどういうものなのか、そして I, you はそれぞれどのように使われていくのかということを細かく確認しながら考えてみます。 まず、「独り言を云う」は、英語では"talk to yourself" です。"talk with yourself" と云っても間違いではないでしょうが、あまり云わないようです。この表現自体が明らかに自分に語りかけているということを物語っていますね。翻って日本語の独り言というのはどうでしょう。
「ああ、がんばらなくっちゃ」 「疲れた」 「もうだめだ」 「やってらんねえ」 「おーしゃっあ!」
殆どの場合、一体、誰に向って話しているのかハッキリしませんね。ぼくは、こうなってしまうのは、日本語は文法構造上主語がハッキリしないからだ、と単純に考えていました。でも、最近は本当に文法上の問題なのか、少し疑っています。自己に対する意識自体が少し違うのでは、と思います。ちなみに、英語でも、
Tired? Want more coffee? Any question(s)? Hope it'll work well with you. Have a good day.
など、主語あるいは「主語 + 動詞」の省略自体はいくらでもあります。 話がそれました。前置きはこれくらいにして、ここでぼくの仮説を書きます。繰り返しますが、あくまでぼくの思いつきです。考えを補強する材料はまだ見つけていません。 おそらく、アメリカ人がもっている2つの自分というのは、 ①本当の自分(real me) ②客観的な自分(objective me) に分けられるのではないか(註・以降便宜上①、②と番号だけを使うことがあります)、と考えます。基本的には、アメリカ人も日本人同様①を中心に日常生活を送っています。しかしながら、何かしらの状況で①が不安定な状態になるとき、②の助けが必要になります。 そして、①の自分は結構弱いです。そして、自分が弱いということをよく知っています。反対に②の自分はいつも冷静で正しいです。なぜそうなのかはよくわかりませんが、関係がありそうなのは、代名詞 you の「総称用法」です。この難しい文法用語は覚えなくていいです。代わりに、下の定義の英文を読んでください。
In spoken English and informal written English, you is sometimes used to refer to people in general.     - Collins Cobuild Advanced Dictionary of American English
要は、you はときどき「人間一般」を指すことがある、ということです。
You can't always get what you want.
というときの you は「あなた」や「あなたがた」とはちょっと違いますよね。学生時代に、こういう you は訳さないという説明を英語の先生に受けたかもしれませんね。和訳技術としては、その説明はすばらしいのですが、英語を使う視点から考えると、you が「人間一般」を指す、という説明のほうが優れていると思います。英英辞典からよさそうな例文を載せておきます。
You can never be sure what Emily is thinking.       - Longman Advanced American Dictionary How do you change a tire? [= What is the peoper way to change a tire?]       - Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary
ぼくは、この you の存在の延長線上に「②客観的な自分」があるのではないか、と思います。いわゆる「自分以外の他者の総称」であり、自分が決してコントロールできない存在です。 さて、この②は自分を出すことはありません。したがって、②は I を使うことはありません。②がするのは、you を使って①に命令・激励・鼓舞することです。 ①が、意志がよわくて、お腹がでてきてしまったら、
You have to lose your weight.
と云うかもしれないし、①が疲れたり、やる気を失った時は
Hang in there, Mike! You can do it.
のように云います。このとき、上の Mike とは、その人本人の名前です。上(↑)にも書いたとおり、①が本当の自分なので、これは自然なことです。 さて、今度は①が②に話しかけるときを考えてみましょう。この例としては、ひとつ前の記事で引用した高校生の女の子の日記がいい例になります。戻ってもう一度読むというのは面倒でしょうから、もう1度引用しますね。
Dear Diary,  It happened! I knew it would! Kirk asked me out on a date. I can hardly believe it. I'm so excited. I'm practically talking to myself. I've just got to tell you about it.  I was getting ice cream at the Häagen-Dazs in the mall. I was standing there trying to figure out what I wanted when suddenly I had an urge for a banana split. Now, you know as well as I do (since we are the same person) that I have never had a banana split in my life. I don't even like bananas. The way things turned out, my urge to eat a split must have come from somewhere "out there." Coincidence can't explain it. You'll see what I mean.
①が②に何をしているか解りますか。自分の感情の吐露です。社会生活を送る上で他人に自分の感情をすべて表に出すことは(普通)できません。しかし、いつも感情を閉じ込めていると、却って情緒不安定になることもあります。そこで、②に対して自分の思っていることをぶちまけます。自分のことをぶちまけるわけですから、当然、I を使うことが多くなります。しかし、同時に聴いてくれる存在の②を意識しているので、you もたびたび用いられます。 ②は基本的には「他者」なので、自分の名前を使って呼びかけることはたぶんないと思います。確認したわけではないですが。この日記の場合は Diary が名前と考えることもできます。別の人間の名前をつけている人もいるかもしれないですね。