Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

仮定法の文は数学の公式にあてはめて作るものではない、と思います

英会話のレッスンで仮定法を先日教えたのですが、
What would you do if you were Doraemon?
という答えがあったとして、多くの人が
If I were/was Doraemon, I would use "Dokodemodoor" and look around the world.
と答えたがるみたいですね。何がいいたいのか、というと、間違いではないんですけど、答えるときに、わざわざ、If..., と繰り返さないで、あっさり、
I would use "Dokodemodoor" and look around the world.
と云えばいいのに、と感じます。 なにか、完全に数学の公式みたいに、
If S + 動詞の過去形, S + 助動詞(would, could, etc.) + 動詞の原型
と決めちゃってるみたいなんですね。なんかそれが気に食わないです。だって、日常生活だったら、少し自分の意見をやわらかく云うとき、
I would say (that)...
っていうのはネイティヴ空気や水のように使いますよ。子供は知りませんが。そういうのを空気や水まではいかなくても、使いこなすのはおろかフツーに聴き取れない、認識できないというのはどうかな、と感じます。 じゃあ、どうするか、と云われても難しいんですが、会話練習するときは、はっきりわかりきっているときは、if... の部分をあまり使わないようにするほうが、この日常生活ではそれ抜きには語れない would, could っていうものが解ってくるんじゃないかな、と思います。ちなみに、さっきの I would say (that)... の代わりに 、
I'll say (that)...
っていうのを使っちゃいけないか、というとそんなことはないんですけど、両者はやっぱり違いますね。ネットから拾ってきた例文を参考までに載せておきます。
I would say this is true for learning anything...not just language. I'll say this is the worst I've ever experienced.