Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

英語力とは語彙と文法のパズルではない

ある中学生用の英文法参考書を仕事の都合で読んでいたとき、その最初のほうに
(単語・熟語) X 英文法 = 英語の実力
と書いていました。これにはちょっと引っかかります。 別に発音のことが書いていない、とかそういうことを云っているんじゃなくて、なんかこういう考え方ってどうなのかな、と感じます。 確かに、語彙力はもちろん重要で、文法も重要です。ただ、英語を話すとき、やっぱり自分のようなまだ未熟者であっても、この2つの掛け算ではないんですよね。というか、それを超えたところに英語(外国語)の習得の真骨頂があるのではないかと思ってます。 たとえば、いま、ラジオを聴いていたら、
I want you to take action. I want you to get moving.
という云い方が目に付きました。want sb to do sthという構文を使えることも重要ですが、同じ文を並べてリズムをつけているような感じと言うのは、なかなか自分でしゃべってみたり、ネイティヴのしゃべりを観察したりしながら身に着けるものです。そうじゃないと、英文と英文の間に透き間がいつも出来てしまいます。それでは、それぞれの英文が文法的に正しくてもだめなんですね。
It's not a perfect formula, but...
こういうのもいま聴きました。これも云いたいことはbut以下なんですよね。こういう表現も観察してなるほどなあ、と思いながら自分で間違えながらも何度も繰り返し使ってみることが重要です。 ぼくは語彙を文法にしたがって組み立てればいいじゃないか、と思っている人たちと彼らが話す英語を「パズル英語」と読んでいます。しかし、実際は、その場その場で人間が話すことですから、外国語であってもto negotiate meaningsということをすると思います。