Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

品詞問題の選択肢から文を作ってみる

Your guess is as good as mineというイディオムをここんとこ何度も耳にしました。野球で、「ポジションが変わったところにボールが行く(ような気がする)」というのと同じでただの錯覚なのかもしれません。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ TOEIC で品詞を問う問題ってよくでますね。こういうやつです。
Private equity investments to India are -------- to double during the year on the back of a buoyant real estate sector. (A) expect (B) expecting (C) expectation (D) expected
解答は、(D) expected なのですが、それより大事なのは、それぞれの選択肢を使って文が作れるということです。 というのは、中級者以上なら結構あっさり正解してしまうことも多いです。しかし、英語のスピーキング能力に役立つ語彙をつける意味では、正解をして終わらせないことが大事だからです。 (A) なら、
When do experts expect that the economy will go into a recovery phase?
とか。ぼくもこんな質問の答えが知りたいですね。一応、(B)もやってみましょうか。
Mary is expecting (her baby).
さらに、(C) は、
Did I live up to your expectation?
とか。とりあえず、1つ思い浮かべればいいと思います。文を作ってみるというのは、語彙力が本当についているのかを確認する上で重要です。というか、本当は、TOEICもこういう能力が見たいのではないでしょうか。しかし、多くの人がそうであるように、文をつくれなくても正解できてしまいます。