Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

イディオムだらけの会話というのはおかしいのか?

(香奈ちゃんと英和くんの会話。待ち合わせの場所に10分遅れで英和くんやってくる。香奈ちゃん怒り気味) 香奈「ちょっと遅いじゃん。なにしてたのよ。わたし首を長くして一日千秋の思いで待っていたんだから」 英和「いや、ごめんごめん。一念発起してこれからは遅刻しないようにするよ」 香奈「そんなこと云って、遅刻したの。2回目じゃん」 英和「次は絶対に遅刻しないよ。3度目の正直」 香奈「2度あることは3度ある、ともいうじゃない」 英和「そうカリカリしないでよ。急いてはことを仕損じる、っていうじゃない」 香奈「そんな訳わかんないことばっかり云わないでよ。もうホントに怒るよ。仏の顔も3度よ」 英和「怖いなあ。ぼくはノミの心臓なんだから、そんなにきついことを云わないでよ」 香奈「うそばっかり、あなた何をいっても馬の耳に念仏じゃない」
英語を勉強していると、ついついイディオムを使いたくなりますが、使い過ぎると上の会話のようになるのでしょうか.いや、やっぱりならないかな.疲れているのでたまにふざけてみました. 上のダイアログを英語にしてみましたが、あまりうまく行きませんでした.とくにわざとことわざや熟語表現を使っている不自然な感じがうまくでない.もっとうまくできる人はいないですかね~
(Kana and Hide are having a conversation. Hide showed up ten minutes late. Kana looks mad.) Kana: You're late. What have you been up to? I've been waiting for you. Hide: Sorry. From now on, I'll try not to be late. Kana: You've said something like that before. This is the second time. Hide: This time, I'm serious. Believe me. Give me the third chance. Kana: They say, "Misfortune always comes in threes." Hide: Well, don't be so serious. Haste makes waste. Kana: You are driving me mad. Three strikes, you're out, okay? Hide: Lighten up, dude. Kana: Whatever. Whenever I say something important, you're not listening.