Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

地下鉄のあのドアは何というのか

On June 19, the system’s “L” line ------- Brooklyn and Manhattan began running trains without conductors, leaving train operators as the only crew on board. (A) both (B) between (C) whether (D) among
Source http://www.labornotes.org/node/786 ANS (B) 地下鉄にある(東京と京都にあることはわかってますが他の都市は知りません)あの電車に載る時に開くあれをなんというのかなど地下鉄についての調べものをしていたら、上(↑)の記事に出会いました。platform screen doors あるいは platform edge doors というんですね。wikipediaにも記事があります。 ちなみに、車掌の数を選らすことが一般的な国民にとってはいいことなのか悪いことなのかどうかは知りません。人がいないと充分な安全が保てなくなる、という考え方もあるでしょう。しかし、すべてにお金をかけていたら、当然地下鉄やJRの初乗り運転が300円ぐらいになることだって考えられないことではないでしょう。platform screen doors にしたって電車に飛び込む人など人身事故を減らすために作った訳ですから。消費者の場合、安くて使いやすいサーヴィスが一番ですけど、それはそう簡単には実現しないということを知っておくことは必要です。まあ、世の中には高くて使いにくいサーヴィスもあるのでその辺は淘汰されていった方がいいのかな、……いや経済全体のことを考えればだれかがそこにお金を投げた方がいいのか、……と本当のいいことを考えようとすると複雑です。 ところで、地下鉄についてですけど、やっぱりフランスとかデンマークとかのものはそれなりに進んでるみたいですね。アメリカはたぶんそうでもないでしょう。これもいますぐ上に書いたことにつながってくる問題でしょうね。