Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

正解はひとつではないということ

ここのところ、仮定法についてのエントリーを何度も書きましたが、仮定法といえば、ドラえもんですよね。実際、インターネットで「仮定法」「ドラえもん」「のび太」などで引っ掛けてみるとこことかこことか。 dora 001.jpg 実際、ぼくもずーっと昔、英語の先生が仮定法の導入でドラえもんの話をしていたのを思い出します。まあ、ぼくはそのころすごい英語劣等生だったので、仮定法なんていう高級事項はぜんぜん頭に入っていなかったんですが(笑)。あのころ、すらすらと英文法についていっていれば、いまはもう少し悠々自適な生活をしていたかもしれません。あ、これも仮定法か。
If I had studied enough to catch up with English class in my school days, I would've acquired English eariler and better and wouldn't have to worry about making ends meet right now.
ドラえもん』の漫画の最初を読むと、ドラえもんに会わなければ、のび太はしずかちゃんと結婚できなくて、ジャイ子と結婚するわけで、まさに仮定法そのものなんですが、結構、本当にこの部分の英語例文を作る人は少ないんですね。仮定法の導入にドラえもんの話をした英語の先生も確か、「のび太」「ドラえもん」「しずか」を含んだ具体的な例文は書いてはくれなかったと思います。どうしてかな、と思って作ってみると解りました。 まず、典型的な、If S+V, S+V の形をした例文を考えます。
If Nobita hadn't met Doraemon, he wouldn't have married Shizuka. If Nobita hadn't met Doraemon, He would have married Jaiko.
「しずかちゃんと結婚した」「ジャイ子」と結婚したとどっちでもいいんですが、ここで変な気がしてきました。これは、のび太くんの孫のセワシ君などがのび太君がすでにしずかちゃんと結婚したという事実がある後において云うなら可能ですが、のび太くんが小学生である現在では変ですね。 じゃあ、ドラえもんがいないとのび太君はジャイ子と結婚してしまう、とかしずかちゃんと結婚できない、って話なら、
If it were not for Doraemon, Nobita wouldn't be able to get married to Shizuka. Without Doraemon, Nobita would marry Jaiko.
あたりでしょうか。しかし、これも、なんか変ですねえ。まあ、ドラえもんがいること自体が架空の話だから何やっても変なような気が。たぶん、他の英語の先生もこの辺でつまずいたんですね。正直、のび太くんの日常を語るだけなら、
Nobita can't do anything without Doraemon's help.
と仮定法は必ずしも必要ありません。 まあ、この仮定法例文の話はただの前置きとして、ちょっと遊んでみただけです。ここから書こうと思ってきたことを書きます。 ドラえもんの最初に、こんな部分があります。結局、ジャイ子と結婚しても、しずかちゃんと結婚しても、セワシ君はうまれるような。遺伝子的なことを考えれば、これはおかしいと思いますが、ここでドラえもんセワシ君が説明している、方角さえ間違えなければ、目的地にたどり着くというのは英語学習については正しいと思います。dora 002.jpg いろいろな学習法があります。そして、それらは大きく違ったりするんですが、どれが正しいというのは厳密には云えないんですね。そして、別の方法を使っても、結果的に英語力を手にすればいいのですから。学習者も教える側の立場の人もこのことを知っておくことは重要です。 「英語力を手にする方法はひとつではない」 結論より前置きのほうが長くなってしまいましたね。ドラえもんネタを書いているうちにちょっと疲れてきてしまいました。この記事も本当は続編がありますが、今日はこの辺で。