Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Did you say "you're phat", or "you're fat"?

philosophy とかの単語では、 ph=f という発音法則が使われていますよね。ところで、最近はよく使われているかどうか知りませんが、一時はやったスラングに、phat というのがあるんですけど、これなんか、もろに fat と同じ発音になるんですよね。いい説明になっているサイトを見つけたので引用することにします。 ぜんぶ読みたい人はここへ。

BURKE: "No this [next term] is number two. I love this one -- phat. Now that's not F-A-T. It's P-H-A-T, to be really confusing. So if someone says 'oh, you are fat,' now should you slap that person in the face for insulting you or should you say thank you? It depends on the context. Fat, F-A-T, of course, is overweight. But P-H-A-T is great, fantastic. It couldn't be better. If someone were to say to you, for example, 'that girl in our science class, ooh she is phat!' that's good. But if someone says, 'that girl in our science class is fat,' that's bad."

ここにでてくる、David Burkeという人はアメリカのESL向けのスラング本をたくさん書いた人として有名です。結構、ESLの先生のなかにはファンがいます。 しかし、なんでこんなことを書き出したのかというと、以前レッスンで扱った教材に

Beth eats lots of chocolate but never gets -------.

みたいな fat が正解になるような空所問題があって、ぎょっとしたからです。この例ではそんなにおかしくないのですが、使ったテキストでは、もっと、文全体がニュートラルに響く文だったので(註・残念ながらその教材は仕事先に返してしまいました。したがって元の文は忘れました)、かなり奇異に感じました。まあ、とにかく、fat というのは現代ではなかなか使いにくい単語になってきました。

Beth eats lots of chocolate but never puts on/gains weight.

あたりにした方が無難です。

Too many chocolates keep a fat man fat.

のように、はっきり云いきる場合はいいですけど。 後日記。確認しました。以下のような文でした。

Becky ate too much chocolate and now she is --------. (A) fat (B) tasty (C) relax (D) large

もちろん、間違いではないんですよ。ただ、なんだかなあ、とちょっと思うだけです。この(A)がphatだったら、面白いですね。