Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

…からお預かりいたします

「…からお預かりします」 という日本語があります.それは日本語でないという人もいますが,よく耳にする言葉である限りそれは日本語でないはずがありません. そのバイト語はやめなさい―プロが教える社会人の正しい話し方 [単行本] / 小林 作都子 (著); 日本経済新聞社 (刊) 言語は変わっていくものであり,「それが日本語でない」という人もそれは解っているはずです.ただ,自分は「こう使うべきだ」という言語観(これをprescripitveと読んだりする人もいます)を「こう(みんなは)使っている」という言語観(これをdescriptiveと言語学者は云ったりします)より正しいという派閥に属しているので,営業上あるいは哲学上,立場上,こう主張しています. ぼくは日本語の語源を遡(さかのぼ)るほど教養はないし,またそんな気もありませんが,この「から」の使い方は英語の out of から来たという説が結構有力なようです.ちなみにこんなのもありました. ところで,英語での
Out of twenty (dollars).
に対して,ぼくの友人のカナダ人は
I think this is more common in Japan and possibly in the U.S. I’ve never heard it in Canada.
と云っていました.この表現が英語としておかしいということではなくて,お札をレジの前において,黙っておつりを渡すのが普通だそうです.面白いですね.
Remove all ads