Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

どうでもいいかもしれないTOEICのルール

この辺はぼくがTOEICを受験して気づいていることですが,こんなことは隠してもしょうがないので公開します.本を書く人で参考になることがあれば幸いです.

前の記事に書いたとおり,これに従ってないからといって悪い本という訳ではありません.また,これはぼくの独自の調査によるもので信憑性は保証しません.

- 基本書体はHelvetica 実際の試験では『公式問題集』よりも細い書体を使っている

- websiteではなくWeb site(前者のほうが実用表記としては普通)

- emailではなくてe-mail(一応,後者が正式だが前者で書く人も多い)

- p.m. / a.m. / pm /am ではなくてP.M./ A.M. しかも他の文字よりも少しポイントを落としている

- 問題用紙に印刷された設問文(つまりPart 7の文書以外)はcontraction(省略形: I will-->I'll)は一切用いられない

- Part 7ではNOTは基本的にすべて大文字になっている

- Part 5に疑問文は出ない

- Part 5で空所(つまり-------)で始まる問題はあまり多くない

- Part 7のE-mailのフォーマットのデザインは複数ある.また「件名」が Subject:となっているもの Re:となっているものと両方ある

- Part 5-7で基本的に年号は出ない 日付表記はアメリカ式(月/日),イギリス・ヨーロッパ式(日/月)と両方用いられている

- アメリカの住所になっているものは area code(市外局番)- 555 - XXXX area codeは省略されることもある

- Part 3, Part 4, Part 7の選択肢が2行にわたるもの(ただし,Part 3, Part 4では2行になることは殆どない)は2行目が少しへこんでいる (↓参照. はスペース)

158. What is suggested about Ms. Thomas?

(A) She is the most beautiful woman in the class.

(B) She has a monkey as a pet.

(C) She speaks five languages.

(D) She is going to Amsterdam next winter to meet

with a lot of her important client.

- Part 3, Part 4, Part 7の設問文の英語は結構ばらついている(↓のいずれもあり得ます)

What does the woman suggest that the man do?

What does the woman suggest the man do?

What does the woman recommend that the man do?

- 設問文中の語法・つづりは基本的にアメリカ式

- 「推測できることは何ですか」という質問の場合,最も多く使われているのはWhat is suggested...?

- 「示されていますか」ならWhat is indicated about...?が多い

- Part 2の場合,かなり難し目のものを除けば,設問は大体8語以内.応答選択肢は4語ぐらい.

- Part 3, Part 4の選択肢はめったに8語を超えることはない