Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

文法テキスト紹介(入門・初級編)

この間の本は悪い本ではないけれど,かなり英語が苦手な人には難しすぎるのではないか,という話をしました.それではいまのところどういう本がいいのかというと,昨日たまたま書店で見てわりといいなと思ったのはこれです. 意外と解らない人が多いのではっきり書いておきますが,ぼくがある本を勧めても大概の場合すべて著者と考え方を同じにしている訳ではないです.いい部分があってその部分が気になったので書いている感じです.これはぼくの本について誰かがコメントをくれたり,使ってくれる場合でもいいです.ぼく自身はこれがいまのところ一番だろうと思って書いた(ただ,大人の事情でそうでないこともあります)ものでも,100パーセントではなく,気に入った部分だけ使って戴ければそれはそれで嬉しいです. さて,話がそれました. イラストで学ぶ初級英文法 [単行本(ソフトカバー)] / 霜村 和久 (著); アスク (刊) このいいところはあまり説明が冗長じゃないんですね.よく基本的なことをやさしく書いてある文法の本を見て,ぼくが少し奇異に感じるのは例文はほとんどなくて,日本語の説明ばかりが(やさしくかみくだいているのですが)長ーく書いているのでそれでは仮に理解できてもあまり英語の力にはならないのではないかな,ということです.この本はイラストと例文が中心なのでその点がいいです. それから,例文のいくつかが結構TOEIC向きです.まあ,著者の方が結構そういう教材を書いているので自然になったのかもしれません.同じ著者が次の本(↓)を書いています.これはタイトルにTOEICの文字が入っているので,そういうことが気になる人にはお勧めです.しかし,どっちかというと個人的には上(↑)の本のほうがぼくは好きです. TOEIC(R) TEST やさしい文法レッスン [単行本] / 霜村 和久 (著); アスク (刊) またこの著者は教室用のテキストとしてPrimary Grammar Lessons for the TOEICⓇ TEST を書いているのですが,これもTOEICにからめながらもかなりやさしくしていることが好感が持てます.ただ,文法用語の使い方がぼくとだいぶ違いますが…….それでも,かなり英語が苦手な企業研修のクラスとかではこういうのを使ってほしいと本当に思います.いつも難しいものを使わせられることが多く苦労しておりますので…….