Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

英語学習とは何か

〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書) [新書] / 田地野 彰 (著); 岩波書店 (刊) 〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書) [新書] / 田地野 彰 (著); 岩波書店 (刊) 昨日,上記の本を読みました.英作文となっていますが,文を作るという観点では初級者にお勧めの本です.基本的に英語を話すとき,書くときにまず意識しなければならない文法(というのか構文というのか文構造上のルールというのかわかりませんが)というのはこの程度です.いままでの日本での受験英語でならう文法はいたずらな細則の多くは初級者にとっては有害ですらあります. 学問とは大胆な決め付けのことです.そして,自分が考えている決め付けの枠組みをモデルとして提示する.そのモデルとしては本書の「意味順ボックス」というモデルは大変優れたものだと思います.おそらく,学習者はこのモデルを使っていく過程で,上級者に近づくたびに語法(語ごとの用法,一応,文構造のルールとは区別する.ただ,広義ではgrammarに含まれる)やコロケーションも学んではいかなくてはならなくなります.しかし,それはそれで仕方ないことです. 実は英語学習というのは,それぞれの学習者が英語をインプットする(読む,聴く),アウトプットする(話す,書く)上での自分なりのモデルを仮説と検証を繰り返して作り上げる行為だからです.この自分なりのモデルが,だんだんネイティヴスピーカーが育っていく中で自然に身に付けた感覚に近づいていくのが理想です. だから,他から与えられた絶対的なモデルに従うというのはダメであり,モデルを強要する指導者はあまり良い指導者とは云えないと思います.これは精神論ではなく,技術論です. 日本に強く根をおろしている5文型も最近話題のGlobishもモデルです.でも,これらもただのモデルの提示であり,学習者が「これだけやればOK」とか「このルールを守らないと」とか「この考え方でいかないと」となってくると大変危険です.この世にすべてと呼べるものはないのです.またこれもただのモデルであり,英語の基本でもなんでもありません.英語の基本というのは基本語(用法を含めて)を英語の4技能すべてにおいて習得することに他なりません. 基本的には,上記の「意味論ボックス」は「5文型」よりも枠組みとしては大変優れているので,初級者はこのモデルを使いながらも,インプットを続けながら,よりネイティヴらしい言い回しを身につけるという意識があればどんどんきれいな英語をアウトプットできるようになっていくと思います.
Remove all ads