Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Upgrade your OS! 「よりまし」な英語を処理し,生み出すために

いよいよ『CD付 TOEIC(R)テストおまかせ730点!』が書店に並んだようです.今回は大手から本を出すのでプレスリリースがあり驚きました.付属の音声もダウンロードできるようです.

一般的な商品紹介は,ここにも載っていますし,アマゾンでも見ることができますが,ここではそういう部分に書けないことを書いておきます.

まず,730点対策と書いていますが,どちらかというといま650点の人がササッと仕上げてギリギリ730点を狙う類の本ではなく,いまは500点台でもいいから数か月じっくり腰を据えて730点をはるかに超えるスコアを取ってしまおうという人向けの本です.

ときどきやや難しめの語や問題も入っています.おそらく730点を取るには落としても大丈夫かもしれないけれども,800近く取るなら知っていてもというのも入れました.

さて,使い方は読者のみなさんにお任せしますが,書き手としてはこういうことをしておいたことを伝えておきます.

できるだけ限られたスペースにスコア600-800に必要だと思われる英語知識を詰め込んであります.だから通常なら見逃してしまいがちな誤答の選択肢に含まれている語もしっかり目を通しておくと何かいいことがあります.

columnの形で文法説明してある部分がありますが,ぼくが学習者に読んでほしいのは説明でなくて例文です.一見TOEICぽくないものも,ぜんぶTOEICっぽい場面設定にすると飽きが来るのを避けるためにやっているだけで,本試験で出会う文構造や語彙を詰めています.だから,もし,他の教材をやる時間がなくこの本1冊だけを使って戴けるのであれば,そういう文も全部頭に入れるぐらいのつもりでいてください.

音声もなかなかいい仕上がりになったと思います.本番に近い,低めでくせのない聴き取りやすいアメリカ人女性に加えて,慣れないとちょっと難しいオーストラリア人男性を選んで収録しています.

こういうつくりにしたのも,730点というスコアは持っていない人が取るにはそんな楽な話ではないです.英語教師であったり,ハイスコアばかりの世界にいると感覚を見失ってしまい,ひどく簡単な気がするかもしれませんが.この本のP79-80にある会話表現やP205-208の文法事項に馴染んでいる人はそう多くはないはずです.

600でスコア停滞する人がその上に行くということはこういう部分で自分の英語のOSをアップデイトしないといけないわけです.もし,その気があるのであれば,決して損はさせないので本書を使ってみてください.ただ,それをぼくは必ずしも英語学習者みんながくぐる道とは思っていないですが.