Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Money talks. これから穢いお金の話をしよう

あえて,穢(きたな)いお金の話をします.ぼくは生活費すべてを自分の著作で稼いでいるわけではないですが,内容がどうこうの話とは別にやっぱり自分の本はそれなりに売れてほしいといつも思っています.この辺は,なかなか学校で固定給で働いてらっしゃる英語の先生にはわかってもらえない,教育をビジネスにしているようで厭(いや)らしいと思う人もいるようですが,書き手の立場からすれば売れないとお話にならないのでそう云われても,という感じです.

実は,ある程度売れることは,書き手にとってすごく意味があることなんですね.このことがなかなかわかってもらえないようです.当たり前のことですが,丁寧に説明します.

まず,お金を抜きにして,教材は読んでもらって,手に取ってもらわないと,結局中身が良いかどうか,というのを検討してもらえないことになります.ダメ教材でも読んでもらったほうが勝ちなわけです.これはわかっていただけるかな,と思います.

もちろん,お前の本なんか読みたくない,という人もいます.それはそれでいいわけです.その人にはアクセスしなければいいわけですから.あと,ぼくの場合,そんなにいませんが,ある著者の本なら必ず買うというタイプの人もいます.その人の存在はありがたいわけですが,多くの場合,著者側にとってまずしなければいけないのは,自分が書いたものを気に入ってくれるか,気に入ってくれないか,まずは判断してもらうことです.

それには,常に書店に本が置いてあるとか,Amazonに最低限の部数が在庫としてある,とか,書店や出版社に注文すれば遅れるけれども入手できるとか,そういう状態は維持していないといけないわけです.結構それをクリアーするのが難しい訳です.出版不況ですから.で,なんとか次の本を自転車操業で出していかないと出版社自体が生き残れない,ということであまり売れていない本は絶版にされてしまいます.

で,ぼくがクリアーしたいのは,「絶版」にならないことなんですね.一度経験していてあれほど不愉快な気持ちになるものはないです.で,絶版にならないようにするにはどうすればいいのかかというと第1刷を完売することなんです.

これをクリアーすれば1,2年ごとに1000冊とか2000冊とかの増刷をゆっくりしていけばなんとか息が長い本になるはずです.しかし,これを早い段階でクリアーできないと,たぶんそれなりに在庫がまだまだ残っている,と確認されたうえで,じゃあ,これ以上,この本を刷るのはやめよう,ということになります.

語学の場合は,読み切るのに時間がかかるので,他のジャンルに較べては,それ専門の出版社はその決定は早くない,と訊いています.でも,早く初刷が売れるにこしたことはないです.で,ぼくの本ですが,その初刷を売り切ったのはなんとまだ2冊しかありません(涙).

TOEIC TEST きほんのきほん

TOEIC TEST きほんのきほん

 

 これは現在,第3刷です.メガヒットではないですが,いまの調子で売れてくれればぼくとしては不満はありません(そんな稼ぎにはなっていないですけどね).

そして,これ.

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

 

 発売3か月で,第2刷に到達したのでぼくとしてはヒットと云えるでしょう.まあ,それ自体がいいかどうかはわからないですけど,高校に「論理・表現」が新たに教科として加わるということがこの本の売り上げを伸ばしてくれれば,著者としては「それはそれで」嬉しいです.

 で,できれば初刷をなるべく早くクリアーしたい自分の最新刊がこれ.

「意味順」で学ぶ英会話

「意味順」で学ぶ英会話

 

 やっぱり超初級者向けの本は苦しいです.田地野先生の名前もあるし,内容にも自信があったので,大丈夫だろう,と思っていましたが,苦戦しています.読んでいただければわかるように,文法事項を絞りに絞ったので,まだ-ed/en, -ing, to do,関係代名詞,接続詞,助動詞などまだ紹介したい文法項目およびコミュニケーションスキルがあり,これを第2弾,第3段に入れたいのですが,このままでは『続・「意味順」で学ぶ英会話』の実現はちょっと難しいかもしれません.ということで,みなさんのご協力に期待しています(安易).ぼくはアイドルのCDみたいに何冊も買ってくれ,ということは勧めません.ただ,身の回りにこの教材がドンピシャだと思う学習者がいらっしゃったら,勧めて戴ければと思います.