Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Verbs are heroes. 英語は動詞が中心のはず…

pedagogical grammar

たまたまこのブログを読んでいて,次の記述に出会いました.

英語は基本的に「主語(=名詞)」を必要としますが(名詞中心)、日本語では主語を省略してしまう場合も多く、動詞に重点を置きます(動詞中心)。例えば 「英語は好きですか?」という英語を作るとき、「Do you like English?」と必ずyouという主語にあたる名詞を入れるのに対し、日本語では話している相手が「あなた」なのは明らかなので主語は省略します。 

 似たようなことを『英語らしさに迫る―日本語の発想・英語の視点』という本に書いていて納得できなかったのを思い出します.逆だと思うのですが.

自分の感覚では,英語のいわゆる主語っていうのは,動詞で表わされるメッセージ部分の使用領域を決める感じで,それなりに重要と云えば重要だけど,動詞ほどではないんですけどね.Sounds great.とか主語要らないわけだし.だから,名詞中心の英語,動詞中心の日本語っていうのは謎です.

あと,英語は動詞中心って考え方にも通じることだと思いますが,eventually, finally, in the endではなくend up, wind upを何気なく会話で使える人は大概英語がうまい気がしますね.あくまで感覚の問題ですが.

ところで,学習者のことを考えれば,初級者の段階では品詞分類はいらないし,できなくていいと思うんですよね.わかっているのは動詞だけでいいわけですから.だからこそ「意味順」が有効なのであって,むしろ意味順から品詞というのが解ってくる感じなんだと思うんですよね.「形容詞だから,センテンスでこの役割ができない」とか判断できるのはもう少し後の段階だと思います.

だから,『「意味順」で学ぶ英会話』では極力品詞を使うのを避けています.

以上,ちょっと思うことを述べてみました.