Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

We need a cash cow. 米櫃を求める争いは続く

フォントを手書き風に変えてみました.本当はぼくの悪筆のようなフォントがあればいいのですが,残念ながら,字のきれいな若い女の子のようなものしかありませんでした. これはtwitterをやめた理由のひとつでもあるのですが,もう少し真面目に仕事をしないとなあ,ということです.仕事というのは英語教材の執筆です.まあ,他にもときどきありますが,一番大事な仕事はそれです.twitterは自分が書いた本を売るために外にアピールしたほうがいいかな,と思っていたら,だんだん最初の目的と違ってきてしまったし,なんだか変にフォロワーさんが増えてしまったので,自由に書けないかもしれないし,解りやすく書くために変に気を使わなければいけないような感じになってきてしまいました.ぼく自身は有名になりたくない(外に顔をそれほど出したくはない)ので,基本に戻ることにしました.このブログはほぼメモ代わりなので,解りやすくは書いていません.あまり読み手に,配慮もしないということで,フォントはわざと普通の出版物で使われるような読みやすいものではないものを選びました.今回のエントリーはよく解らない業界のことです.

総合英語One

総合英語One

 

 高校生用の文法書ながら一般を含めて圧倒的シェアをもつ本が出版社を移すというニューズが流れ,元の出版社はこれを否定しているということが起きているようです.基本的にこの文法書にはまったく興味はなかったのですが,少し考えされられました.

傍から見ると醜い争いをしているようですが,いままでブランドとして育ててきた,かつこの会社の米櫃(こめびつ)になっていた本が他社に移るのでは出版社はなかなか受け入れたくないでしょうし,書き手から見ればいままで出版社にコントロールされてきたが,自分たちの本を守りたい,自由に育てたい,という思いがあるのでしょう.

ちなみに,話題になっている元の会社自体はなんだかんだ云ってそれなりに語学系出版社としては大手と云えるでしょう.この会社のほかにも某老舗出版社が次々と近ごろかつての専門書に近い路線ではない語学参考書を出し始めたりしています.ぼくはとくにこの出版社に対して思い入れはないのですが,この出版社の硬い・高級感がある路線を愛していた人からするとがっかりなのでしょうが,今の方向を強めていくようです.

また,知る人ぞ知る別のニューズが英語出版業界では流れていました.さる英語教育改革の先陣を切っている人があるビジネスを始めたんですね.一応内容は書かないで置きますが,おそらく英語の先生の多くは顔をしかめるわけです.ちなみにぼくはこのビジネスにまず乗ることはないでしょう(たぶん,誘われることもありません).ただ,このビジネスが完全に悪か,というと微妙で,ビジネスをやり始めた人の主観からすれば,案外,本来の仕事を英語に実際に関わってきた先生の手に取り戻す意図があるのでしょう.「誰から?」というのがミソですよね.さすがにこれ以上は書けませんが.ちなみに,このあたりのことは普通の英語の先生は知りません(英語の実力がどうかとは関係ない話です).

で,もうひとつTwitterをやめた理由は,自分には直接関係ないけれど,リアルな人間関係がキモだな,と考えされられることが起こったのを見て,ちょっとびっくりしてしまい,Watch you step!という言葉がぼくの頭でこだまして,ああ,Twitterなんかやっている場合じゃない,と思いました.Twitterの場合,いいか悪いかInteractionがあったり,Timelineで他の情報が流れてきたりするのでただメモ代わりに書きなぐっているつもりでも反応があったりすると帰って思考がぼくの場合止まって考えなければいけない問題を忘れてしまったりすることがあったので,まあ,ブログのほうがいいかな,という解り切っていた結論に至りました.

 

ネット世論が日本を滅ぼす (ベスト新書)

ネット世論が日本を滅ぼす (ベスト新書)