Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Going Zero ゴールを目指すなんてやめよう


Flipper's Guitar - Going zero

受験英語を批判する人はたくさんいます.擁護する人もそれなりに.それはTOEICにしても同じことです.ただ,対象は違っても目標に向かって努力することを否定する人はあまりいません.でも,ぼく個人は「頑張っている人の邪魔をしないでほしい」的な云い方にはすごく疑問を感じます.

まあ,受験英語であろうとTOEICであろうと良い部分も悪い部分もあるのでしょうが,それと学習者に目標とされている英語力にズレがあればそれを指摘するのは当たり前のはずです.

別に誰かに押し付けられて受験したりしても構わないし,その中で力がつくこともあるし,それはそれでいいのでしょう.でも,それはあくまで結果論だし,その目標が誰がどういう目的で押し付けられたのかはなるべくはっきりするべきだと思います.

それがわからないのに,そしてその目標を手に入れたと思ったら,またよく解らないうちに別の目標を押し付けられてしまう,ということは避けたほうがいいはずです.短い自分の人生の予定時間が誰かに設定された目標を追うだけで終わってしまう,とは悲劇ですから.このことは会話や文法が大事だどうだという変な話どうでもいい話とは違って,目標をコロコロと変える人たちの責任をきちんと問うべきだと思います.もし,この責任を逸らす目的で努力礼賛論がでてくるのはよくわかりません.これは,モノ云う学習者と現場の先生は頑張っているという英語の先生の両方に云えることです.