Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Everybody feels that way, but... やっぱり考えることは同じ

pedagogical grammar

 

 さらっとですが,この本に目を通しました.目を引いたのはこの部分です.

f:id:outrageous2007:20160629150333j:plain

これって,ぼくが田地野先生の「意味順」を軸に,英語のセンテンスの基本はWho Does What(動作中心のセンテンス), Who Is What(状態を描写・説明したセンテンス)とたぶん重なることだと思います.

やっぱり仕事をしているジャンルは違ってもこういう感覚は,英語を使っていれば誰もが持っているのだと思います.

実はこれって文構造の話でありながら,英語を使っている人から見れば,ポン・ポン・ポンとリズムよく「意味のかたまり」をコミュニケィションのために並べているに過ぎないんですよね.

ただ,なんとなく英語が合わないという人はここが肌感覚でわからない.

    I       love  chocolate.

[Who] [Does] [What]

 がわかれば

   I       love   swimming.
[Who] [Does] [What]

もそんな難しくないし,

Karen realized that Jerry was staring at her.

[Who]  [Does]  [What]

              [Magic Box] [Who]  [Does]       [What]

 も案外わかるのではないか,と思います.

Jenny is angry.

[Who] [is] [What]

Jenny is a high school girl.

[Who] [is] [What]

 がわからないと

A tall, red-haired girl in black denim jeans and a pink top that clashed with her hair stepped in front of them on the sidewalk 

 [Who]     [Does]        [Where]

がわかるはずはないと思います.

ということで,宣伝みたいで恐縮ですが,ここがピンと来ていない人は騙されたと思って,この本のLesson 0を読んでください.ギリギリまで情報を絞って基本の基本を練りこみました.
「意味順」で学ぶ英会話

「意味順」で学ぶ英会話

 

 

f:id:outrageous2007:20160629150938j:plain

Save

Save

Save

Save