Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Review the basics 2 幻の原稿(2)

意味順 pedagogical grammar books

 

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

 

 前回のつづきです.ここでは,もっと機能語の基本の基本をていねいに見ていっています.そういう意味では日向先生のGSL本で基本語を学ぶのと似ていますね.文法は軽くして,用法を含めて語彙を学んでいくという感じです.

 

Point #2: Who内の語順は<限定詞+形容詞+名詞>

Gayla, Keiko, building, concertなど「人」「もの」「こと」の名称を表わす言葉を名詞と呼びます.ただし,必ずしもこれらの言葉が単独で使われるわけではなく,その前に次のような言葉を伴なうことがあります.

 ❶ 名詞の数や所属,文脈上特定されているかどうかを表わす言葉(これを限定詞と呼びます)                       数えられる不特定の名詞にはa

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

A gentleman

talked to

me.

 

 

 

 (ある男性が私に話しかけてきた)

一定の量や数にはsome         

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Some girls

Like

Steve.

 

 

 

(スティーヴを気に入っている女性もいる)

 所属を表わす 具体的な人の場合はKevin’s wifeのように使う  

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

My wife

Uses

 

a lot of money.

 

 

 (私の妻は浪費家だ)

指すものが近くのときはthis, 遠いときはthat, 文脈的に特定されるときはthe

 Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

This cheeseburger

Is

 

really good.

 

 

 (このチーズバーガーはとても美味しい)

 

 

❷名詞を詳しく描写・説明する言葉(これを形容詞と呼びます)

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Friendly servers

talks to

 

me

at this restaurant.

 

 (このレストランでは感じがいい店員が話しかけてくるんだ)

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Some beautiful girls

are

 

 

in my office.

 

 (私の職場には何人かきれいな女性がいる)

限定詞と形容詞が名詞につく場合,語順は<限定詞+形容詞+名詞>になります.

Save

Remove all ads