Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Review the basics 3 幻の原稿(3)

 続きです.この説明はスロットごとになっていることにそろそろ気づいたでしょうか.スロットごとの章立てにできないかな,とこのころは考えていました.

NHK基礎英語 中学英語完全マスター 「意味順」書き込み練習帳 (語学シリーズ)
 

 

Point #3: Does/Isには動作や状態を表現するために動詞を入れる

Whoで誰/何の話かを明らかにした後は,その人(もの/こと)が何をするのか・何であるのかを述べるために動詞を入れます.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Hiroshi

makes

 

coffee

 

every morning.

 (ヒロシはコーヒーを毎朝淹れる)

動作を表わす動詞のときは,必ずその動作の動作主はWhoの中の語であり,動詞はこれに一致します.Hiroshiは3人称単数なので X Hiroshi make…ではなく,Hiroshi makes…としなければいけません.

 Does/Isのもう1つの役割として,ここで過去の話なのか現在なのか未来なのか,といった時制を表現することです.

過去のときは,次のように動詞を過去形にします.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Hiroshi

made

 

coffee

 

last night.

 (ヒロシは昨日コーヒーを淹れた)

今まさに行なわれている動作の場合は <be + -ing>という形を使います.これを現在進行形と呼びます.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Hiroshi

is making

 

coffee

 

now.

 (ヒロシは今コーヒーを淹れている)

未来の場合は,あらかじめ予定として決まっている場合は<be going to do>を,今その場で決めた/判断した場合は<will do>を使います.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Hiroshi

will make

 

coffee

 

after the meeting.

                                  (ヒロシは会議の後,コーヒーを淹れるだろう)

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Eric

is going to go

 

 

to Beijing.

tomorrow.

 (エリックは明日,北京に行く予定です)

Remove all ads