Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Review the basics 4 幻の原稿(4)

books 意味順 pedagogical grammar

 ここはDoes/Is内のスロットの語順です.思うのですが,英文法はかなり基本的なこと,それも同じ文法事項をいろいろな角度から見ていき整理できるようになっていないといけないんですよね.なかなかそういうプログラムはあまりないのですが.多くの場合,ない土台に高いビルを築きたがるので…

Grammar: A1 (Collins Work on Your...)

Grammar: A1 (Collins Work on Your...)

 

 

Point #4: Does/Is内では<助動詞(的な表現)+動詞>という語順になる

上の未来を表わす表現のように,英語では時制や動詞にニュアンスを添える助動詞およびその類似表現は内容語である動作や状態を表わす具体的な動詞の前にきます.日本語での「…できる」「…するつもりである」「…しなければならない」「…したい」などとは語順が逆になるので注意が必要です.

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Gayla

can speak

 

perfect Japanese.

 

 

 (ゲイラは完璧な日本語を話します)

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Eric

needs to give

 

a presentation

 

this afternoon.

 (エリックは今日の午後プレゼンをする必要があります)

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

My girlfriend

wants to lose

 

some weight.

 

 

 (私の彼女は体重を減らしたいと思っています)

Remove all ads