Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Review the basics 5 幻の原稿(5)

Point #5: Whom/Whatには動作の対象か描写の語句がくる

 

「意味順」で中学英語をやり直す本

「意味順」で中学英語をやり直す本

 

Does/Isにくる動詞には,大きく分けてWho Does What(誰が何する)という動作を表わすセンテンスとWho Is What(誰/何は何である)という状態を表わすセンテンスに分けられます.

 

    動作 作った→何(What)を?

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Miho

cooked

 

curry

 

last night.

 (ミホは昨夜カレーを作った)

            動作 会った→誰(Whom)に?

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Marty

met

Dr. Brown

 

 

yesterday.

 

動作の対象が「人」と「もの」と2つあることがあります.その時はWhom Whatにそれぞれ対象となる語を入れます.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Catherine

gave

Peter

chocolate

 

on Valentine’s Day.

 (キャサリンはピーターにヴァレンタインデーにチョコレートをあげた)

 

Does/Isにbeなど状態を表わす動詞が入る場合は,Whom What にくる語は,センテンスの初めのWho に入っている「人」や「もの」「こと」がどのようなものであるのか・何であるのかを描写・説明します.

 

        どんな人?

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Paul

is

 

a singer.

 

 

(ポールは歌手です)

 

Bethはどんな状態?

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Beth

is

 

angry.

 

 

 

look, become, getなども状態を表わします.

   どのように見える?

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

Karl

looks

 

busy.