Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

To be recognized 上級者として目指すスコア 

この前の記事では,取りあえず英語ができない人はまず350を目指す,ということを書きました.では,上はどのぐらいを狙ったらいいのでしょうか.

これは,少し前までぼくはETSがよく出してきた数字の860ぐらいかな,と思っていました.900はまあ,目指したければいいけれども,いらないかな,と思っています.どちらかというとそういう数字を追いかけるよりも自分に必要な英語力を磨いているうちに多分超えていくであろうスコアだからです(もっと云えば.超えなくてもいいともちょっと思っています).

でも,最近は800超えればいいかな,と思います.800というのはスコアだけガチガチに追いかけて取ったとしても,通常の基本語彙以上のものをかなり覚えているわけだし,まあ,全く聞き取れない,読めない,ということはないわけで,偏った学習法をしていても,ここから英語だけのインプットに移行したりしても苦しみながらも対応出来る素地のスコアだと思いますし,逆に英語を使う経験があるけれども,(試験)勉強はしていないというようん人の場合も,それほど正確さに難があるわけではない,ということを示すスコアじゃないかな,と思います.

まあ,そういうことで,そのうち800点向きの本を出すことになると思います.

このスコアに近いところにいる人で,TOEIC対策に興味がない人は,この本を使ってください(かなり強引な理屈). 

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

英語スピーキングルールブック−論理を学び表現力を養う

 

 TOEICとはまるで関係ないですが,この本のスピーキングタスクが簡単にこなせれば,相当なものだと思います.難しいならば,まずはVirginiaさんの早口の英語をきちんと聴き取ることから始めてください.海外ドラマを見るリスニング力にも役に立ちます.