Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

The Basics of English for the TOEIC TEST TOEIC 350をとるために

この間書いたように,かなり英語ができない人はとりあえず350ぐらいをきっちり取れるようになってください.自分がかなりできると思っている人はまあ800を狙ってみてください.それ以外の数字は,英語の実力を測る意味では,あまり意味がありません.

で,350がなかなか取れない人はどうすればいいのか,というともちろん基礎を固めるのがいいのですが,基礎って何,というとそれは難しい話で,ましてや拙共著『TOEIC TEST きほんのきほん』が絶版中のいまではなかなか自信を持って勧める教材がないなあ,と感じています.

で,このレヴェルの人に何も提示できないのも歯がゆいのでなるべくそういう人たちのための教材をひとつひとつ作っていくことにします.同時に,ここでも書いておきます.誰も読みませんが.

で,基礎力を身につけるに限らず,英語の勉強で大事なのは,大きな視野に立って,どういうような実力を身につける必要が最終的にあって,その下部スキルとして,自分はいま何をすれば良いのか,というのを効率的に身につけることです.結局,英語公教育においても部分的に変な形で導入されたCEFR(Common European Framework of Reference for Languages; ヨーロッパ言語共通枠)やCan Do Statements(できる・できないの基準の描写)などというのも本来正しく導入されていたら,そういう話だったはずです.何をやればいいかがはっきりしていくから,その枠組みによってパズルピーズを詰めていくように弱いところを補ったり,あるいは強い部分を磨いたりしていくうちに自分にとっての英語力が認識できるというのは,ゆくゆくはそれを生かしてどういう仕事につくのか・生き方をするのかにも間接的に繋(つな)がっていくので大事だ,ということになります.

これをすることで,目の前でまずは覚えなければいけない300語(これは適当に思いついた数字で特に意味はありません)があったとして,その学習にどのような意味があるのか,を見出すことでmotivationが高まる,というそういう大事でありながら,それだけのことだったりするのです.

で,ここからが問題なのですが,基礎力をつけなければいけない学習者にとって大事なのは❶そういうmotivationの問題があったとして300語覚えなければいけない,という事実はかわらない❷300語はどの300語であって,どう覚えるのかの方が大事,ということです.

TOEICの場合,かなりの人が高得点を途中から狙いたがるのは,一定のレヴェルに達した人にとっては,「TOEICに出る英語」の中で自分が抜けたことを潰していけば,確実にスコアは上がるからです.でも,一定のレヴェルに達していない人はどうするのか,ということで,結局中学・高校の英語の復習をする,という半ばわけのわからない話になるわけです(それができたら苦労しないわけです.また中学・高校の英語というのも扱いようによっては膨大になります).

で,具体的にどうすればいいかは,やっぱり手前味噌になりますが,これになります.

これくらい文法事項をギリギリまで絞ってあって,なおかつ,センテンス以上の例を出していて,音声付きのものはあまりないからです.そして,薄い.超初級者が厚い本は出来ないわけです.惜しむらくはこの項目の先にあたる have + -ed/en, be + -ed/en, to do, doingという文法項目が同じような形で提示されている教材がまだ出ていないことです. 

「意味順」で学ぶ英会話

「意味順」で学ぶ英会話

 

 他で割合いいなと思ったのは,何回か紹介したこの教材.この大人向けのTOEIC超初級者対象の語彙集を作らせてくれる出版社があれば今すぐにでも関わりたいのですが,まあ,ないでしょうね.

コーパスからはじめる単語使いこなし英会話

コーパスからはじめる単語使いこなし英会話

 

 まあ,とりあえず,この2冊です.で,本当のところは,お金に余裕があれば,この学習内容程度のことを身につける手伝いを誰かにしてもらうのが1番です.このレヴェルの内容のことを口に出してみて,その英語を直してくれたり,類似の例文を出してくれたり,必要に応じて説明してくれたりする人が.その人はネイティヴスピーカーでも日本人でも構いません.まあ,それが難しいようであれば,少しずつ短く切って構わないので,少しずつ聴いて意味を含め認識できるようになったら,自分で声に出してみる,ということを愚直なまでに繰り返すことです.これを3ヶ月ぐらいやればかなり変わってきます.ただ,これをできる人が(実力の問題ではなく,精神的な問題として)あまりいないというのが難しいところです(こう書いていますが,ぼく自身がその状態にあればこれをやるか,というとやらないかもしれません).誰かに習った方がいいというのは,この作業に意味を持たせられるからです.学習している短い英文が生きてくる,というのは非常に大変な話なわけですから.