Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

reference books for test takers 文法とTOEIC

pedagogical grammar books TOEIC

 

全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策 ([テキスト])

全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策 ([テキスト])

 

 新形式需要で執筆作業が続いています.ところで,ぼくは文法説明をするのが大嫌いなんですが,TOEIC教材を作っているとなんとなく多くの学習者は文法に無駄なエネルギーを注いでいるような気がしてなりません.

無駄か無駄じゃないかはあくまで相対的なものですが,ぼくが気になるのは

⑴普段のTOEIC教材の学習が文法力の向上につながっていかない

⑵文法の学習がTOEICの学習に間接的にも直接的にも役に立たない

のどちらかです.

そうだから,上のTOEFLのベストセラー本みたいにテクニック本ぽく見えていながら本質をついていて,英文がわかるようになるみたいなものを書いてみたい,と思ったりも少しだけします.

あるいは,まだまだ本格的にTOEICの勉強をしていない人にとりあえず中学の英語からやり直せという感じでそういう教材を進める指導者が多いのですが,そういう本はあまり出来がよくないんですよね(ああ,余計なことを書いてしまった).

 同じような本がたくさん出ていますが,割とマトモな方なのはこれ(勧めているわけではありません).

中学英語を4時間でさくっと学びなおす

中学英語を4時間でさくっと学びなおす

 

でも,正直例文の質とか,解説のシンプルさを考えるとあまりいいのはないのです.まあ,もちろん,自分の本ならこれ(↓)なのですが,まあ,説明はこんな感じでいいのですが,TOEIC受験者なら関係代名詞はともかく -ed/en形,-ing形, to do形ぐらいはあった方がいいですよね.ついでに英文も難度はこのままでちょっとオフィス向きの文にしたいところです.まあ,そういう企画を振ってくれるところがあれば書きます.まあ,たぶんぼくが書いたところで売れないという話がありますが,自分が自信を持って勧められるという本があるとやっぱり違うので.

「意味順」で学ぶ英会話

「意味順」で学ぶ英会話

 

まあ,絶版中の『TOEIC TEST きほんのきほん』から全部例文をとって文法説明用に編集し直したりするのも良さそうなのですが,それはそれで却って面倒な作業かもしれません.

ちなみに,一般的な話としては普通の英語学習がそうであるように,TOEICで点を取るようになる上で文法は多くの人が考えるほど重要ではなく,語彙が決め手です.だから,語彙本の定番は動かないでしょ.単語集で学習するのはどうかと思うこともありますが,よく使われる語句をコロケーションを含めてどれだけ馴染んでいるか,というのがスコアに直結すると思います.で,この「馴染む」作業にコンテクストだったり文法だったり,発音だったり,英語の文章展開やコミュニケーションの基本構造なんかがちょっぴり絡んでいる,そんな感じな訳です.