Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Be a contrary person 逆をやってみよう

 

英単語おぼえ放題 口からスラスラ ビジネス英語500

英単語おぼえ放題 口からスラスラ ビジネス英語500

 

 英語(だけではなくどの言語でも同じですが)にはcontent words(内容語)とfunctional words(機能語)というのがあります.で,上の本は,日本語の中に前者を入れて覚えるという方法を提示したものです.

 

彼はそうゆうtaskをresponsibleだから,彼にcheck withした方がいいよ 

 的な覚え方.まあ,ぼくの例がよくないかもしれません.

 

ぼく自身が昔していたことはこの逆です.内容語というか,難しめの語は調べればいいし,いま必要がない語だから,それより機能語というか自分の知っている語で,なんとか英語のセンテンスらしいものにしていくようなことをしました.

He know that kind of things.... so, you may want to check with him

みたいな.全部英語にできなければ内容語を日本語にすることはありました.

He's got a lot of 知識, so you should ask him.

みたいに.でも,大概の場合は,その前でknowが使えるように,思いついてしまうものです.慣れてくると. 

まあ,向き不向きがあるので,オススメしませんが,結局,機能語のようなものも,もちろん,丁寧に説明を受けたり,ドリルをしたりして拾っていくことも大事なんだけれども,⑴実際にインプットを増やして実際の使い方に触れることと,⑵どんどん間違ってもいいから試しに使ってみることをしないと身につかない気もします.まあ,⑴⑵のバランスを自分なりに取ることができること自体が語学のセンスなのかもしれません.