Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Hard to let them know what it is and why it is there. 難しいのは何か

 この本をたまたま書店で売っているのを見て,その前に出た『マンガでおさらい中学英語』がなかなか良かったので,これも買って見て目を通したのですが,書いてあることは参考になることもあるし,よく工夫して説明しているのはわかるのですが,個人的にはちょっと1冊目ほどの切れ味は内容な気がしました.

マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編

マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編

 

 文法がなんとなく難しく感じさせられるのは,学習者の立場から,なんとなく自分が学んでいる英語の勉強から文法が浮いて感じられるからだと思うんですよね.どうしてその文法事項を拾う,というような.自分自身もその辺のところですごく難しいな,と感じています.

いま現在の基本的な考え方としては,初級者は,意味順とGSL2000と云わず,最初の500語ぐらいのもっとも当たり前の使い方をきちっと覚えるぐらいでいいと思っています.

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

 

 『「意味順」で学ぶ英会話』は,『マンガでおさらい中学英語』の1冊目よりもやさしいですが,多くの人はここの部分を感覚を伴なって理解していかないので,先に進めないのです.この本の続編にあたる本も何かしらの形で世に出したいのですが,どうしても,文法事項を教えていく,という切り口が先行してしまい,英語のユーザー視点を学習者の興味に引きつけるような章立てになかなか落ち着かないのです. 

「意味順」で学ぶ英会話

「意味順」で学ぶ英会話

 

 -ed/en形やto do, doingというのをそれがあるのが当然という形で文法を語るとなんだか学習者にはピンとこないし,ただ説明する側からすれば,存在するものを存在しない前提でしゃべるのがそもそも無理,という感じなのでしょう.なかなか難しいですね.