Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

What do you think is normal? どこかに普通なものはあるのか

 企画を通すときに難しいのは,英語教材担当の編集者の皆さんは何かしら学校英語に関係した形で教材を作ろうとするようなのですが,ぼくは自分が描く教材の対象の英語力は考えますが,学校英語でどういうことが教えられているかはマチマチだと思うのであまり考えません.

ただ,学習者の幻想としてはプログラムやコースがあれば何か標準的なことが教えられている,と考えるようです.

でも,やっぱり考えない方がいいと思うんですけどね.学校英語といっても何を基準にするんですかね.例の英文解釈の本とか総合英語の本とかの訳はないでしょう.あれでできるようになった人がいても,そのうちの一部が自分が英文を読む着眼点を与えてくれたとかそういう話でしょう.多くの学校英語経験者が学んでいるはずの知識の総体としては適切だとは思いません.それは,Michael SwanのPractical English Usageが名著だとしても,あれを全部覚えている日本人なんてほとんどいないでしょう? ぼくが一緒に仕事をするアメリカ人がたまに疑問が生じたときに論理的な説明を探す上で参照する,という本なのですから.

で,基本知識的にはぼくは下の本ぐらいのことを考えています.この本はよくまとまっていていい本です.著者はイギリス人なので,本来はアメリカ版じゃないのがあって,それが売れていて,日本では確か桐原か開拓社から和訳が出ていたのを覚えています.ぼくは持っていませんが.

The Essential English Grammar: American Edition

The Essential English Grammar: American Edition

 

 でも,アメリカ英語がどうこうという話じゃなくて,ぼくは上の本の方がいいと思っています.なぜって薄くてコンパクトにまとまっていて,最後に語彙リストまでついているから.

日本語の本なら,やっぱり下の本じゃないですかね.ぼくは,学校英語の中で抜けた知識があったからといって,それをあえて全く同じようにやり直す必要はないと考えますが,もし,学校英語で学んでおくべき知識の総体が癖なくまとまっているという意味ではこの本か,学研で出していたニューコース英文法ぐらいだと思います(これは学年別のもの以外出さなくなってしまいました.同じ出版社からなんか分厚い中学英語の本が出ていますが,ここまで厚い本を出しても学習者には重すぎる気がします.あくまで個人的感想ですが). 

くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

 

 まあ,本の内容がどうこうというより,このぐらいの厚さに抑えないと…

中学英文法 (中学ニューコース)

中学英文法 (中学ニューコース)

 

 で,ここで基本的なことを書いておきますが,大人になった社会人で英語をやり直しするようになったからといって,自分とは違う英語ができる人が「きちんとした英文法のシステマティックな知識」を兼ね備えているように考えるのは幻想だし,それを短期間で独学で身につけることは多分無理な話です.TOEIC問題集をやるには基礎力がない,ということで「中学・高校の英語をやり直せ」というコメントをする指導者がいますが,HOWがないところにそれは無理だと思います.そういうことが,あの圧倒的に売れている本たち(一応書きません)につながっているんじゃないですかね.ぼくは細々と違う方向で突破口を図ります.