Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Do you wanna be evaluated by somebody else? 続・テストとは何か

TESL TOEIC

下の記事の続きです.さて,テストですが,基本的にテストというのはできる人にとっては楽しくできない人にとっては楽しくないものです.範囲の決まったQuizでさえも,できる人とできない人はそれなりに出てきます.Quizの場合,出している先生からすれば良かれと思って出しているのに学習者には苦痛でしかなくて,同時に先生は低いスコアにがっかりするわけです.

で,そのこと自体はぼくは必要悪であり,仕方がないことではあるのですが,そのように能力評価に使われ,母集団のための選別の道具(社会的な意味をもつ)がピントの外れた試験であってはどうかと考える人が出るのは自然なことです.できれば「よりまし」な試験で能力を図ってくれた方が学習者の方もスッキリとします.

さて,ここでtesting(テスティング)という学問があることをお知らせしておきます.ぼくは門外漢なので細かく述べることはできませんが,要はテスト全般について研究する学問です.ぼくは,専門家が一般人を見下して自分だけの利権を形成していく危険性さえ避けることができれば,基本的には専門家の意見を聞くべきだと思っています.だから,外国語教育に応用言語学(Applied Linguistics)や第2言語習得(Second Language Acquisition)の知見が取り入れられることは半ば当然のことだと考えます.

で,数年前までぼくはこのテスティングの専門家が,英語教育において英語力をどう評価していくかに対して多大な貢献をしてくれるものと密かに思っていました.だいぶ前の話になりますが,偉い大学の先生が,言語能力の細い記述と項目応用理論(Item response theory, IRT)を駆使して教材や試験を作っていることを知り,素人としてはスゲーと思ったものです.

また,細かくitem writer(アイテムライター,試験製作者)の立場から,攻略本を出しているヒロ前田さんという人の存在を知ったのも確かこのころです. 

CD付 [完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

CD付 [完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

 

 ただ,現在のところは,テスティングの知見が一般のテスト政策に降りてきてテストやそれに伴う英語教育の質が向上することは難しいのではないのかと推測しています.それにはいくつかの理由がありますが,まず第1に,正しいテストの作り方の知識に通じていて,さらにそれをテストやテスト教材に反映できるような人材はそれほどはいないことです.TOEIC著者やTOEIC講師はたくさんいても前田さんクラスの分析(過去のテストに何が出題されたかではなく,その背後にある問題製作の原理を見抜いて,教材を作ったり,適切なアドヴァイスをすることができる力)をして,かつ学習者に還元できる人はそうはいないでしょう.おそらく,そういう人材が試験製作機関とか大学などでテストを作るプロジェクトティームにいても,周囲の人はぶっ飛んだ頭の良さについていけずmad scientist扱いされるような気がします.特に,日本なら.

でも,もし,そういう人材が現われたらやっぱり立てて欲しいなと思っているし,そういう人も増えていくような気もします.ぼくがより憂慮しているのはもう1つの理由です.それは,テスティング研究は,その研究を続けていく以上データを集めるためによりたくさんのテストを必要としていく形になり,学習者がテスト漬けになってしまうことです.で,実は,これは日本だけじゃなくて情報をマメに収集している人ならご存知のように現在のアメリカでも起きていることです.

特に,結論はありませんが,テストに関してはこんな感じです.ぼく自身は,TOEICTOEFLも特に悪いテストとも思っていませんが,特にこういうテストを積極的に導入するのがいいとも思っていません.同時に,このテスト反対を声高に叫ぶ気もあまりしません.