Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Three ways are ahead of us! 文法的なものの見方は3つしかない

pedagogical grammar

 

Linguistic Perspectives on English Grammar

Linguistic Perspectives on English Grammar

 

 引き続きライティングの原稿に何を書くかを考えていますが,少しずつ書くべきことが見えてきました.これを書く間に昔考えていたことを思い出しました.確か,どこかに書いたはずなのですが,探したのですが,見つかりませんでした.

今はライティングにおけるセンテンスの作り方を書いていますが,それは文法そのものではありません.でも,文法と関係がないわけではありません.で,そんな中,結局sentence grammarって何なの,って考えると,細かい規則はともかく,どういう見方をしているという話で考えれば,3通りあるわけです.

⑴動詞部分と他の構成要素の関係

これは,「意味順」=「語順」を使おうとも,元々の「文型」=「動詞型」を使おうと,このことに代わりはないわけです.他の名詞のカタマリや形容詞・副詞の働きをするカタマリがそれぞれどういう意味・機能における関係にあるのかを学ぶわけです.

⑵動詞部分の形

これは,助動詞で動詞で表わすべき判断や微妙な感情表現もそうだし,時(これをtenseという)及び時間の幅(このことを面倒だけれどもaspectという)をセンテンスが要求するコミュニケイションの文脈に合わせることを学ぶ.

⑶センテンスとセンテンスのつながり

実際は,センテンスではなくて,本当はclause(節,個人的にはあまり好きでない言葉なのでぼくは使いません)なのでしょうが,独立したセンテンスを他のものとつなげるディスコースマーカー的なものはもちろん,because, whenとかの「かかってつなぐ」接続詞もそうだし,which, who, thatなんかもそうです.

文法・文法と云われても英語が苦手な人には,できる人や先生がこの⑴から⑶のチャンネルを次々と変えて説明するのがわかりにくいのかもしれませんね.で,そのことがわかっている人側には何で明示的に説明してやっているのにわからないのだろう,という感じなのかもしれません.じゃあ,どうすればいいんだ,というのはぼくも答えがあるわけではないですが,チャンネルの変えすぎは良くないのかな,という気がします.