Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

1-1 Word Order Rules!—英語は語順が大事

(註・これは今書いている本の原稿として執筆したものですが,大幅に全然別の切り口から書き直すことにしたのでここに載せることにしました) 

Target Pattern

X On Sundays, Kenji the guitar with Keigo for fun at home plays.

-> Kenji plays the guitar at home on Sundays with Keigo for fun.

(日曜は,KenjiはギターをKeigoと遊びで家でひいたりする)

 

Learning Points

 

英語は語順で意味が決まる

語順に柔軟な日本語と違って,英語は語順に厳しい言語であり,正しい語順で並べていないと意味が通りません.英語学習の初級の段階では,初級者は英語のセンテンスをつくらなければいけないとき,次の2つの解決策を取りがちです.

❶ 自分が覚えているセンテンスを部分的に変えて新たなセンテンスをつくる

❷ 日本語で考えた順番で,英単語を並べてセンテンスをつくる

どちらも初級者なりの合理性に基づいたものとは言えますが,❶では自分が作りたい内容と似たセンテンスを覚えていないときには使えません,そして❷の場合,英語の語順を無視して英語の単語を並べても意味は通じないという問題が起きます.

 

意味順=英語の語順どおりに意味ごとに語句を当てはめてセンテンスをつくるメソッド

そういう初級者のためにセンテンス作りの助けになるのが,*意味順ボックスです.意味のまとまりごとに以下の意味順ボックスのそれぞれのスロットに語句を入れていくと意味の通じる英文ができあがります.

 

Who

だれ

Does/Is

する・です

Whom

だれ

What

なに

Where

どこ

When

いつ

How

どう

Why

なぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめの「日曜は,KenjiはギターをKeigoと遊びで家でひいたりする」を考えてみましょう.

Who? (だれについてのセンテンス?) -> Kenji

Does? (どうする?) -> plays 

What? (なにを?) -> the guitar

Where? (どこで?) -> at home

When? (いつ?) -> on Sundays

How? (どう? どのように?) -> with Keigo

Why? (なぜ? 何のために?) -> for fun

 

そして,上の意味順ボックスにそれぞれの語句を入れていくと次のようになります.

Who

だれ

Does/Is

する・です

Whom

だれ

What

なに

Where

どこ

When

いつ

How

どう

Why

なぜ

Kenji

Plays

   the guitar

at home

on Sundays

with Keigo

for fun.

 

いくつか例を見てみましょう.

 

Thomas Edisonは電球会社を1881年にNewarkに設立した.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

Thomas Edison

Established

  an electric light company

in Newark

in 1881.

 

 

Thomas Edison established an electric light company in New York in 1881.

 

婚約者が昨日宝石屋さんで私に指輪を買ってくれたの.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

My fiancé

bought

  me a ring

at a jewelry store

yesterday.

 

 

My fiancé bought me a ring at a jewelry store yesterday.

 

 

Asamiは学校が終わって家に帰る途中,食べ物を買うために食料品店に寄った.

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

Asami

dropped by

  a grocery store

on her way home

after school

 

to buy some food.

Asami dropped by a grocery store on her way home after school to buy some food.

 

学習者が語順の誤りをするのは,かならずしも文法知識がたりないからではなく,自分の言いたいことを英語のセンテンスにしていくときは,<センテンスの構造=形(form)>よりも<自分の言いたい内容=意味(meaning)>に注意が向くのは自然なことだからです.意味順ボックスが優れているのは,このボックスだけを意識すれば,英語の語順に沿ったある程度通じるセンテンスを作れるようにデザインされているからです.