Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

1-2 Activate Verbs —動詞中心にセンテンスをつくる

(註・これは今書いている本の原稿として執筆したものですが,大幅に全然別の切り口から書き直すことにしたのでここに載せることにしました) 

Target Pattern

X Some students part-time job near the campus in their free time to save money.

->   Some students work part-time near the campus in their free time to save money. / Some students have a part-time job near the campus in their free time to save money.

(空いた時間にキャンパスの近くでアルバイトをしてお金をためる学生もいる)

 

Learning Points

 

英語のセンテンスの原則はWho Does What

1-1では英語の語順を考える上で便利な意味順ボックスを紹介しましたが,その中でセンテンスの骨組みを作っているのは冒頭のWho(だれ=動作の主体)Does (する=動詞であらわす動作)What (なに=動作の受け手)です.

 

残念ながら,Target Patternのように日本人学習者は動詞を忘れてしまいがちです.これではセンテンスとして機能しません.

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

Some students

work

  part-time

near the campus

in their free time

 

to save money.

 

逆に,この骨組みがしっかりしていれば,センテンスの細部に文法的なミスが多少あっても意味は通じます.上では, 「学生がアルバイトをする」というのが伝えたいメッセージであり,他の部分は補足情報ですから.

 

動詞と前後にくる語句の意味関係を確認する

動詞を抜かしてしまうのと同時にありがちなミスが,Who Does Whatそれぞれの要素に入る語句の意味関係がおかしいセンテンスを作ってしまうことです.

 

X Last night party enjoyed.

 

「昨晩のパーティーは楽しかった」といいたいのですが,partyはenjoy(楽しむ)という動作の受け手であり,楽しんだのはこのセンテンスの書き手のはずです.したがって,

 

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

I

enjoyed

          the party

 

last night.

 

 

 

あるいはhave funという表現を使って,

Who

Does/Is

Whom

What

Where

When

How

Why

I

had

             Fun

at the party

last night.

 

 

 

のようにしなければいけません.

 

まとめると,

  • センテンスに不可欠な動詞をしっかり選ぶ
  • Who Does What を意識し,動詞と前後の語句の意味関係を確認する

が大切です.