Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Thinner is better. いくら厚くても…

 一般的な英語学習者の中にも文法の復習をしたがる人はいます.その判断が正しいか,間違っているか,どうかは知りません.ただ,以前挫折したのと同じようなやり方でまた文法を学んでもうまくいかないことが多いです.

人それぞれ勉強の仕方とは異なりますが,文法を学ぶ目的が,自分がアウトプットする上での精度をあげたり,使える文構造を増やすことにあるのだとすれば,説明の詳しい『XX総合英語』『○○英文法』とかいうタイトルの高校生用の文法参考書よりも薄いワークブック形式のものの方がいいと思います.

ただ,左側に説明が書いてあって,右側が練習問題になっているような中学生用の問題集は英語が間違っていることはあまりないと思いますが,文法事項をチェックするだけのためのExercisesが多く,それほど勧められるものはありません.

文法を体に定着させることが目的ならば,必ずしも和書じゃなくていいので,洋書の文法のワークブックをすることもいいと思います.有名なAzarやMurphyの本もいいのですが,薄くて英語が得意でない人も終えられる,という観点からするとこれでしょうか.

Work on Your Grammar: A Practice Book for Learners at Elementary Level (Collins Work on Your)

Work on Your Grammar: A Practice Book for Learners at Elementary Level (Collins Work on Your)

 
Work on Your Grammar: A Practice Book for Learners at Pre-Intermediate Level (Collins Work on Your)

Work on Your Grammar: A Practice Book for Learners at Pre-Intermediate Level (Collins Work on Your)

 

この本のいいところは薄いけれども,かなりコミュニケイションとしての英語を初級のうちからカヴァーしていて,代わりに,レヴェルを考えて,項目数を思い切って削っていることです.教材作成の場合,「削る」というのはすごい大事で,「実際この事項に出会ったらどうするんだ」ということがあっても,それを理由に厚くしてしまうより,1冊の本でできる役割をきちっと決めてしまった方が,内容的にもよくなるとぼくは考えています.姉妹本でAdvanced (C1)までありますが,普通の学習者は正直A1, A2をきっちりやるだけでいいと思います.それでできることはたくさんありますから.

どうしても,もっと解りたい,洗練した使い方ができるようになりたい,という人だけ,B1, B2, C1と進めばいいと思います.この辺は趣味の世界です.これはこのシリーズじゃなくて先ほど名前を出したAzar, Murphyのワークブック,及びその後出てきたGrammar Sense, Grammar Dimensions, Focus on Grammarなどのワークブックについてもそうです.