Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Both sides of the same coin 違和感はどこにあるのか

依然として引き続きスピーキング本の制作をしています.今度の本は自分にとってはFantasmaのようなものです.いや,何を云っているのかわからないと思いますが. 

DELTA Natural English Series A Handbook of Spoken Grammar, Text with Audio CD (Delta Language Practice)

DELTA Natural English Series A Handbook of Spoken Grammar, Text with Audio CD (Delta Language Practice)

 

 このところ,思うことはスピーキングとライティングのアウトプット系のスキルが,公教育への外部試験導入の話と絡んで多くの人がこの2つのスキルに注目すること自体はいいと思うのですが,この流れを否定する人も肯定する人もごく少数の人を除いてはなんか違うのでは,と思っています.

「違和感を感じる」というのは言論において否定されがちな表現ですが,正直他の表現が見つかりません.というのは,先ずは読み書き(リーディングとライティング)という人は文法をしっかりやっていて読み書きができるようになれば英会話もいずれはできるという故・渡部昇一氏の主張的なことをよく云います.また,スピーキングをどんどんやろうという人も文法に関しては見えているものは前者の人と同じなんですよね.書き言葉の文法を口に出してしゃべれば話し言葉になるという.

ぼくは口語表現と云ってもかなり崩れたスラングやノンネイティヴは必要ないようなイディオムまみれのことを云っているのではありません.そういうことではなくて,スピーキングにおいてはモノローグを除いてはインターアクションなので,Topic - Statement (普通はTopic - Commentと云いますが,最近考えるところがあって,ぼくはわざとStatementという言葉を自分の教材の中で試験的に使うことにしました)という意味の完結が会話の参加者(Interloctors)の相互協力によってなされるのが決定的にライティングとは違うわけです.ライティングの場合,それをひとりでやらなければいけないからセンテンスがあるわけです.

ただ,スピーキングとライティングが対立しているのではなく,トピックを掲げて,それに対するアクションを伝えたり(これはaction verbsの使用を指します),描写へつなげたり(これはbe動詞系の動詞)してステイトメントを行なうのをインターアクションに頼るのかセンテンスに頼るのか,というだけで根本にあるものは同じとも云えます.

で,残念ながら,今書いたシンプルな要素で誤解をしている英語の先生と学習者が多数派なんじゃないかな,それなら,せっかくアウトプットを進めてもあまり意味がないのでは,と思ったりもします.

そういうちょっとしたことを埋めていくために今度のスピーキング本は書いています.というか,『論理を学び表現力を養う 英語スピーキングルールブック』で全部(とは云わないまでもかなり)書いたつもりなのに,結構上級者を含め「難しい」と云われたので,変なところにぼくが拘っていたのがあるのかな,と思ってシンプルにこれだという感じで思い切って書きました.もちろんこうすることでovergeneralizationになるリスクは避けられませんが,まあ初級者ですからね.原則だけというのもしょうがないと思います.あともう少しかかると思います.