Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

After the Golden Age ended... ネオアコ後期ならず「意味順」後期

前Swedish popの話を記事に書いたと思いますが,この種の音楽が流行った時期がありました.このことを指して後期ネオアコと読んだ人もいたようです.その頃,ショコラとかが出てきたり,ネオアコ本流とはずれるのかもしれませんが,トーレ・ヨハンソンというプロデューサーが原田知世を手がけたりもしました.あ,『ティコ・ムーン』という映画もありましたね.ロボショップ・マニアというバンドが確かNHKの語学番組に登場したこともありました.それから,Round Tabletというグループもありましたね.いや,音楽はいいかどうかは知らないけれども声が…という感じの. 

ちなみに,ほとんど多くのギター・ポップ系の音楽が好きな人はネオアコという言葉も嫌いなはずです.ぼくはもともとAztec CameraやPale Fountainsの強い影響を受けていないので,どうでもいいですが.まあ,この後期と云われる時期に出てきたFountains of Wayne, Pernice Brothers, Push Kingsなどが本当は好きなので.

というどうでもいい話はともかく,もしかすると,田地野彰先生の「意味順」も後期あるいは第2期という段階に入ったような気もしてきました.ぼくはほとんど知らないのですが,柴原智幸さんという通訳か何かの先生が,よくアルクだったか朝日出版社だったか忘れましたが,英語雑誌に連載をしていますが,そこで意味順に近い考え方を披露しています.

そして,以前書いたように横山カズさんという方が「英語のシステムは究極にはA is B, A does B」というようなことを田地野先生の『<意味順>英作文のすすめ』と同じ岩波から出している本に書いていて,のけぞるほど驚いた記憶があります.というのは,ここ数年,ことあるごとに「意味順」から派生させてWho Does What OR Who Is Whatというモデルを考えていたからです.この通訳をしている(らしい←世の中に疎いのでよく知らないのです)人たちが田地野先生の意味順を知っているかどうかはわかりません.しかし,何らかの形で通訳のような瞬時に英語を生み出さなければいけない人たちが「意味順」に近い形で英語を捉(とら)えているということは特筆すべきことだと思います.

そしてです.多分,今年割と売れた本であるこの本も,大きくはその流れに属するものだと思います.この本が出たとき,タイトルだけをみて,「こんな考え方をするから冠詞がわからなくなる」的なことを云っていた人がいましたが,ちょっと違うかな,と思いました.どうせタイトルというのは,著者がいくら頑張っても出版社がつけるものですし,カタマリごとに英文を捉えるという意味ではいいんじゃないか,ぐらいにぼくは思っていましたが,この度目を通して見て,おお,と少し思いました.

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

 英文そのものはちょっと初級者には語彙が難しいものが含まれているのですが,それより,興味を引いたのは,意味順では,現状は,

Who   Does/Is   Whom What  Where When

*だれが する(です) だれ・なに どこ いつ 

 のように,最初の部分は「人」を基本にして,「もの・こと」が来るときは比喩的なものと考えます.動詞がもつactive感を身につける意味では初級者はそれでいいと思いますが,上記の中山裕木子さんの本では「もの・こと」を主語にする延長で-ingなどがここにくる部分をうまく説明していて,感心したのはThis, That, Itなどのセンテンスの前に登場していた部分を受け次いだ要素をして扱う部分を別個に紹介していたので,これは簡潔ながらも文構造から「つながり」と「まとまり」への橋渡しになる部分なので好感を持ちました.

 

中学生・もしくはそのレヴェルの英語の知識を身につけるのが先決という学習者には荷が重い課題でしょうが,そこを抜けた学習者が「意味順」というOSを継続して使用しながらの小さなアップデイトとしてはこういう部分が大事なのではと思いました.

 

*上記の「意味順」につけた日本語は田地野先生の著作に合わせて作っていますが,ぼくは最初の「だれが」の「が」を取ってしまおうと思っています.もちろん,それに抵抗がある人もいると思います.