Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Sweet stories 海の向こうの甘いお話

小沢健二は子供の頃から,岩波少年文庫から始まり,海外の物語を小さい頃から読んでいたらしいですが,あいにくぼくはそういうことはほとんどありません.少しそういう本を読むようになったのは,年を取ってからです.だから,海外の小説は数えるほどしか読んでいません.その中でベタ中のベタながら案外最近では読んでいる人が少ないのはこれでしょうか. 

愛の妖精 (岩波文庫)

愛の妖精 (岩波文庫)

 

 これは煌(きら)めくようなみずみずしい感性をした10代前半に読まなきゃ何も意味ない,的なことをいう人もいますが,時間があれば20代でも30代でも40代でも50代でも今読めばいいと最近考えるようになりました.

 ジョルジュ・サンドはフランスの作家ですが,ロシアの文豪・ドストエフスキーの本も上げておきます.大昔,『地下生活者の手記』とかソルジェニーツィンの『収容所群島』とか読んでいる人がたくさんいました.が,ぼくにはちょっとついていけない感じです.ドストエフスキーならまずこの本でいいと思います.

白夜 (角川文庫クラシックス)

白夜 (角川文庫クラシックス)

 

 ドストエフスキーの悪人ばかり出てくる小説に慣れている人は驚くと思います.こんな美しい話を書くのかと.

フランスの文豪・スタンダールも同様で,とても一般人はなかなか『赤と黒』とか読み通せません.そこで,おすすめなのは『ヴァニナ・ヴァニ』という短編です.

 ぼくは訳は読んでいない(原文を読まされました)ので訳文が読みやすいかどうか知らないのですが,ダイナミックで結構気に入ったのを覚えています.そろそろ引退しようと思っているので,そうしたら,こういう本の原書を読んだり,英訳を読んだりして余生を過ごそうかな,なんてちょっと思います.それまではアイドル(誰?)がこういう本を読んでもっと先に進んでいくことを祈ります.