Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

飽和市場のなかで

来月,自分が関わった新しい本がでるらしいですが,正直ぼく自体はあまりそれほど楽しみにしているわけではありません.というのは売れないことがわかっているからです.

売れない最もの原因はぼくが有名じゃないからですが,それ以上に市場の成熟という問題があります.あまりたくさんの人がたくさんの本を書いているので,よほど並はずれてすぐれたものを書かないと売れないんですね.

TOEIC関係の本を書く場合,とりあえず大事なことは次の2点になります.

TOEICをある程度知っていること

話のテーマとか語彙とかナレーターの声質とかいろいろあるでしょうが,受けていればある程度はわかります.でも,誰とは書きませんが,本当に研究している人にはかないません.

②企画が独創的であること

ということで,こちらのほうが重要になってきます.同じような作り方をした本があったらその時点でダメです.いらない競争をしなければならないからです.

今度の本は少しその意味で失敗しました.本の細かい内容自身はペラペラと書店で見ただけで知りませんが,作り方では下(↓)のようなもっとユニークなものがあるからです.

即聴即解! TOEIC TEST 730奪取 [単行本(ソフトカバー)] / 高橋 基治, 武藤克彦, 高橋良子 (著); アスク (刊)

上の2点に加えて,

③市場の一定基準は満たしたものを作る

ということがあります.これはできませんでした.複数の本をたくさん買って内容を較べるような読者,および英語学習の観点から云っても音声コンテントは充実してなくてはならず,最近のよく売れている評判の高い本はリーディングに音声読み上げがつくのがやや de facto standard までになっています.だけど,今度の語彙リストがついているのにその音声の読み上げがありません.CD1枚に収めることしか考えていなかったのでその意味では,ユーザーのことはどうでもよくて製作者サイドの都合を優先した本と云えます.まあ,それでも1000円以下ならいいですけど,下手すると2000円を超えるのではないでしょうか.ぼくなら買いません.

まあ,ぼくは少し関わっただけなのでどういう本かもよく知りません.ただ,残念ながら,今あげた①から③のなかで最初しか満たしていないのでそれほど自信を持って薦められません.

たまたま,編集の人から連絡があったので,こういう教材について書いてみましたが,最近はあまりTOEICに関係ないことばかりしていますが,以下の企画のいずれかだったら時間が許せば,書いてみようかなと考えています.その場合も①から③までの条件が整わないと売れないでしょうね……

A) 超初級者向け(現在のスコアがTOEIC 100-200点の学習者用)の総合対策本

B) 初級・中級者向け(現在のスコアがTOEIC 350-550点の学習者用)の語彙集

C) 初級・中級者向け(現在のスコアがTOEIC 350-550点の学習者用)の総合対策本

D) 超上級者向け(現在のスコアがTOEIC 860点以上の学習者用)の総合対策本

E) 模試もしくは実戦問題集

Remove all ads