Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

初級者と中・上級者の違い

新TOEICテスト「直前」模試3回分 [単行本] / ロバート・ヒルキ, ポール・ワーデン, ヒロ 前田 (著); アルク (刊)

英語とかTOEICとかに限らないのですが,何かを学ぶときってもちろん初級者(もちろん初心者であることもある)と中級者・上級者には明らかに違いがあります.

英語教育からの視点で考えれば,初級者はこの文法事項をマスターしていないとか,この語彙を知らないだとか,あるいはもっと英語を使う機能の面で考えれば,このことが英語でできないとかいうこともあるでしょう.

しかしながら,それ以上に大事だなというのは初級者は多くの場合自分がするべきことがわかっていないということがあげられます.より正確に云えば,自分がするべきことを見つけながら学習することができない,ということがあるはずです.

だから,模試を使って自分の弱点を見つけ,そこを学習し,もう1度模試にあたって学習の成果を確認する,という方法は有効ですが,多くの初級者(特に超初級者)にはそれはなかなかできないのかな,と最近(遅すぎ?)気づくようになりました.

また,こんなことはやはり書くべきではないのですが,TOEICの場合,初級者の壁とよばれるスコア,中級者とよばれるスコアをクリアする上で学ぶべきことはかなり限定的なんですよね.実力のある教材製作者というのはそういうアイテムを入れて問題をつくり,問題に当たりながら学習者に気づいてもらって身につけて欲しいと願っている(はずな)のですが,それをまあ,問題に漠然とあたりながら,本質を見つけるよりも,誰かに教えてもらったほうが早いということもあります.

まあ,そんなことを考えながらそろそろ云いだして1年になる超初級者本の出版を実現することを真剣に考え始めました.

●Part 1はほとんど,主語+be動詞+動詞の-ing/形容詞

●Part 2の設問はほとんど5W&Howではじまる疑問文

●Part 3,Part 4,Part 7は殆どキーワードの後の情報をつかめば解ける問題が中心.

●会話・トーク・長文の語彙はギリギリまで中学で習うような基本語でコントロール

●Part 5は,基本時制,品詞,代名詞など基本文法・語彙アイテムの習得

●Part 6は,上記Part 5の知識および接続副詞の知識のみ

という中級者・上級者からみるとつまらない本ですが,基本中の基本にしぼりにしぼって必要な英語力・攻略スキルを丁寧にひとつひとつ身につけていく本をだせればなあと思っています.18日のTOEICは久しぶりに受験できるので新しい傾向も反映するように心がけます.企画がすすんだらまたこれについては書くことにします.

これはただのどうでもいいひとり言ですが,試しにダミーの問題を作って思うのは一番作りにくいのっていうのはPart 1ですね.書く英文が決まっているのは楽そうで,適切な写真を探したり,撮ったりするのは難しいですね.特に,人物写真は協力者がいないと自分で撮るというのもできないですし……

Remove all ads