Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

「TOEICをよく知りもしないで」という危険な言葉

いま本を執筆中です.かなり雑な原稿のままどんどん先に進もうとしているのに,なかなか先に進まないです.

しかし,原稿を書きながら,ときどき考えることがあります.TOEICはコアな受験者というか愛好家が増えてきてそれは個人の趣味だからいいんですけど,あまりTOEICを知らないがTOEIC批判をした場合,「TOEICをよく知りもしないで」とどうしていうのかが少し謎に感じます.

というか,たとえば,いまのような現状に於いて原子力の専門家が「自分たちだけが原子力発電の有無云々についてコメントをできる権利があるので,他の人は問題をコメントする資格がないとか,原子力を批判するな」とか云えば大問題になります.

所詮,誰もが自分が詳しい,ある意味専門分野をもっていて,そこに関しては他の人よりよく知っているわけです.しかし,そのことは自分と自分が認める人だけがそれについてモノを云っていい,ということにはならないと思うんですが……

これはTOEICをよく知っている人の世界に限らず,どこでも起こることですが,自分の世界をカルトか秘密結社にしたくないなら,外側からの意見に対してそれが正しいかどうかは別に常に開かれているべきです.自分が基本的に知っている知識を相手が知らないことがあるにせよ,なぜ相手はそれを知らないのかということに考えることは自分の側の成長にもつながるからです.むしろチャンスと思うくらいでないと.

まあ,少し偉そうなことを書きましたがこれは自分に向けて書いています.