Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

公式教材が他を凌駕してしまう点

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編 [単行本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊) あたりまえのことながら,公式教材はやっぱりはずせません.『公式問題集4』がいまのところ最新で,『公式問題集5』が出る予定.買わないと…… 上級者はともかく初・中級者には『公式プラクティス リスニング編』もなかなかいいです.問題量がそれほどないからか,あまり評判はよくないようですが,カテゴリー別になっているし,本番形式とはちがった練習問題までついているので,まだまだ公式はと思っている人にはかなりお勧めです. 公式教材の良さはとにかく,実際のテストを作った人と同じ思想で問題がつくられているはず,ということに尽きると思います.勿論,よく出来た市販の問題集の著者はその思想はなにかを研究して執筆をしているのですが,それが本番のテスト製作者と同じ思考回路かはよくわからないところです. テスティングポイントそのものは試験をたくさん受けて,メモをとればだんだんはずさなくなってきますが,その他の点でリスニングのスクリプトやリーディングのパッセージ部分の英語のスタイルだったりは結構丁寧に本試験や公式教材を研究してもなんか少し違って感じることがあります.