Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

優れた教材とは何か

何度も何度もここで書いたようにぼくは1年以上前から,極めて英語が苦手な人向けのTOEIC本をあるアメリカ人と一緒に執筆しています.本当は夏ぐらいに出そうと思っていたのですが,ぼくがその夏にアイルランドに行ったりとかいろいろあり,まだ原稿を書いている状況です.残りわずかになった年内に出版社に原稿を送りつけることができればと思っています. Start with Why: How Great Leaders Inspire Everyone to Take Action [ペーパーバック] / Simon Sinek (著); Portfolio Trade (刊) 春ごろぼくは1冊のビジネス書に出会い,それを何度もオーディオブックで聴いていました.そして,こだわりにこだわったのが,なぜこの本を出したいのか,なぜこの本がこの世にでなければならないのか,ということです. 現在,「はじめての~」「基礎からはじめる~」あるいは500点,600点という本はまだまだ使いこなせない,という人がたくさんいるなということに気づいたからです.かつ,そういう人が英語の基礎をTOEIC本ではない別の本などを自習して実力をつけることはほぼ無理(というかしない)だろうなということを知っているからです. だから,徹底的に基礎力をつけることとかつ,TOEIC学習として無駄なものを切り落とすことに力を割きました.段階的に英語学習をするということはどういうことなのか,テスト対策をするということはどういう意味があるのかということをこちらが教えるのではなく,少しずつ読んだ人に自分なりの答えを見つけてもらえるようなつくりにしようとしています.
Remove all ads