Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

It's politics, stupid. 3

(前回からの続き)

 

政治の基本は,「人は自分の利益によって行動する」ということと「人はある利益団体の代弁者(agent)である」ということです.

 

そんな訳はない.「俺は一匹狼で,群れになんか属していない」「私は孤高のプリンセスなの!」と云いたい人もいるかもしれません.ぼくもときどき誰にも支配されない自分のことは自分ですべて決められるようになりたい,と思ったりします.しかし,多くの場合,それは幻想です.多くの自営業者が何かしらの「組合(guild)」的なものに属しているし,営業活動をするには自分なりのネットワークを造っていなければいけません.たとえ,形のある組織に属していなくても,ある考え方(別に政治思想でなくても,たとえば英語教育の場合「発話重視」「文法重視」などもこれに当たります)に沿った立場で行動指定していればその利益団体の立派な代理人です.

 

日本人は政治的に行動していながら,自分は政治的立場からまったく自由な人間だと勘違いしています.しかし,だからこそ,自分の考えと違った立場のいる人間の政治的盲目ぶりが汚く見えてしょうがないのでしょう.そこで,この人間たちを罵ります.しかし,そのこと自体が十分に政治的な行動であり,考えの相違を除けば,批判している人と批判されている人は50歩100歩(almost the same)にしか見えないわけです.はっきり書いてしまえば,「反原発派」「原発推進派」「脱原発派」の争いなんてそれそのものでしょう?

 

日本に誰かがこういう意味での「政治」を学び,誰かにわかりやすく教えてくれる人が現われてくれるのを願ってやみません.ぼく自体はそういう「政治」的な立場にいます.

 

(一応完結)

Remove all ads