Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Write to Do the Right Thing

I create things and write about them here as well as other stuff. Views are always mine.

Part 1の傾向と対策

(『TOEIC(R) TESTおまかせ!650点』より)

Part 1では放送される英文を聴き取り、その内容を写真の中の描写と比較して瞬時に正誤を判断していく能力が求められています。

☛写真問題は英文のSとVをしっかりと聴き取る!

多くの場合、放送される4つの選択肢の英文すべてに写真の中に写っているモノ、もしくはそれから連想される語が含まれています。したがって、単に写真にあったモノと同じ語が聞こえた(ような気がした)からと云って、その選択肢を即選ぶのは非常に危険です。ある程度、各選択肢の英文の内容を正確に把握する必要があります。すべての英文を完璧に聴き取るのが勿論理想ですが、それは簡単な話ではないでしょう。そこで英文の幹の部分であるS(主語)とV(動詞部分)に注意を払い正確に聴き取る練習をしてみましょう。同時に聴き取った部分から瞬時に「明らかな正答」「明らかな誤答」「はっきりしないので保留」の判断を瞬時にできる訓練も必要です。くれぐれも本番の試験で「正解のように聞こえたあの英文は(A)だったか(B)だったか」ということがないようにしましょう。練習中にできないことは本番でも決して出来ません。

☛決め手は語彙力・表現力アップ!

Part 1では日常生活・社会生活を行なう上で欠かせない基本語彙・表現が頻出します。これらは、ネイティヴスピーカーにとっては空気や水のようなものですが、英語を使う経験の少ない人には大変難しく感じられるのもまた事実です。また、最近では、写真に写っている動作やモノをやや抽象化した言い回しが正解になっている例も見かけます。

Remove all ads